タグ:恵方巻き ( 1 ) タグの人気記事

節分の夜




昨日、
2月3日は 節分でした。

本来は、
立春、立夏、立秋、立冬の前日
すべて節分でしたが、
現在では この日だけを節分と呼んでいます。



f0376195_20035555.jpg



節分の豆まきは、
元々は、年越し行事だった「鬼やらい」です。



f0376195_20034055.jpg



鬼は、
「隠」が
転じたものといわれます。

人に隠しておきたい心の中の隠を祓い、
世のために役に立ちたいという気持ちを起こす行事でもあったそうです。



f0376195_20033903.jpg



鬼は、
鰯の匂いを嫌うため、
鬼を追い払おうと
節分の夜に鰯を食べたり
鰯の頭を柊の枝にさして 
家の間口に吊るしたりします。

柊には、棘があり、
毒草とされています。



f0376195_20035673.jpg



恵方巻きは、
歳徳神がいらっしゃるという方角を向いて
丸かじりするようですね。



f0376195_20034324.jpg



節分の夕食

昨日夕方には
仕事を終えた主人と
久しぶりにゆっくり夕食を楽しみました。
いつも、お疲れさま!


煮豆 (柊を添えて)
鰯の甘辛煮
ひとくち お赤飯
鶏つくね (鬼の棒に見立てて)
大和屋チーズ味味醂漬
千枚漬け

恵方巻き
(主人の友人の差し入れ)

ふく刺身と唐揚げ
(仕出し品)

大根の含め煮   葛仕立て
梅形のはんぺん、筍、木の芽

海老だんごと蕪、菜の花の
雑煮



f0376195_20034482.jpg



鬼は そと、福は うち〜。

毎年、節分の夜には、
三つの小さな手が
鬼をめがけて 豆を放ちました。

玄関に現れた その鬼は、
勤務帰りにお面を被った主人でした。

寒い夜に 
子ども達の 賑やかな笑い声が響く
それは 素敵な夜でした。

そんな楽しい時間こそが、
心の隠を取り除く
源となっていたのだと思います。



f0376195_20033812.jpg



今日も、お立ち寄り下さり、ありがとうございました。

今日は 立春、
まだまだ寒い日が続きそうです。
皆さま、どうぞご自愛下さいますように。




by mary_snowflake | 2018-02-04 07:30 | 日々の暮らし