カテゴリ:愛犬( 3 )

6月15日



毎年 巡り来る6月15日、
今年の その日は、
六年前と同じ金曜日でした。


f0376195_11465687.jpg


今の愛犬の母親犬である
先住犬が逝った日のことを
昨年、私はブログで綴りました。



その日の朝まで 元気だったクローエ、
数日前には 定期検診を無事に済ませたばかり、
かかりつけ医から紹介先の病院に向かう途中のことでした。


f0376195_11471247.jpg


私が運転する車の助手席、
娘の腕の中のクローエは、
一瞬 伸びをしたようになり、舌を出し
そのまま息絶えました。

その直後、
私の車は 動かなくなりました。

見ず知らずの方と娘が 車の外で話し合い、
その方が 私とクローエを動物病院まで 連れて行って下さることになったようでした。

娘は、
道路を塞いでしまった車のもとに残り
迷惑をかけている方々に詫びながら交通整理をし、
JAFの方の到着を待ちました。

私は、その方の車にクローエを抱いて
乗せていただきました。

薄暗い夕刻の田んぼ道、
車は猛スピードで走りました。

助けて下さい!お願いします!
私は
そればかりを泣き叫び、
半狂乱のようになっていました。
しかし、その一方で、
私の膝の上のクローエが
もう重たくなっていることを感じていました。

到着した動物病院の診察室、
はじめてお会いする獣医の先生から、
「この子はもうこの世にいません」
と告げられました。

それから、
どれだけの時間が経ったのかわかりません。
私は
しばらく、我を失い 椅子に座っていました。

その方は、待合室で
私の気がすむだけ 待っていてくれました。

その方は、
一度だけ電話をしておられました。
「急用ができて、少し遅くなる」
声をひそめて話をされているのが
かすかに聞こえました。

この時、
私は なぜ、
この一言が友人に発せられなかったのだろうと
自分を責めました。

もし、朝のうちに
クローエを病院に連れて行けば
こんなことには なっていなかったのかもしれない…。
友人とのランチの時間をもう少し遅くすることは
できたのではないか…。
その思いはその後も続き、
どんなに否定をされ慰められても
拭い去ることができない自責の念となりました。


f0376195_12091688.jpg


骨壷に納まったクローエを
連れて帰った後、一度だけ、
その方に電話をさせていただきました。
その時居合わせた他の方からのアドバイスで
何かあった時のためにと連絡先は 交換していました。


無事に送ったことを報告し、
直接、お会いしてお礼を申し上げたい
と申し出ました。
しかし、その方は
当然のことをしただけとおっしゃり、
お会いすることは叶いませんでした。
それは、あの日と同じ優しいお声でした。

突然にして逝ったクローエが
残したメッセージは何だったのか。
その方のご厚意にどのように報いたらよいのか。

深い悲しみと
クローエを助けられなかった自責と後悔が続く中、
私は、そればかりを考え、
読経と写経を繰り返しました。


f0376195_12060704.jpg


現在、私は、
自分に出来る限りの動物愛護活動に参加しています。

そして、
愛犬との生活を愉しみ、
健康への努力を 日々 忘れることなく暮らしていきたいと思っています。

あれから六年、
いまだ、模索の日々ですが、
それを クローエからのメッセージの一つとして受け止めています。

その方の精神性には 至らずとも
あの日あの時のご厚意は
決して忘れてはいけないと思っています。


f0376195_11463045.jpg


クローエが逝った年から
我が家の庭で 見かけなくなった
紫陽花。
あんなにも 雨の庭に、彩りを与えてくれた
紫陽花が、
昨年も 一輪、今年も一輪咲くのみです。

我が家の紫陽花は、
あの年から
クローエが虹の橋に咲かせているに違いありません。


私の思いを綴る場所があることに 感謝します。


by mary_snowflake | 2018-06-16 06:35 | 愛犬

家族の恋人



13年前の
10月、
愛犬は 我が家でうまれました。
その日は、台風、
子ども達皆が 自宅待機の日で 家にいました。


f0376195_22185613.jpg


リビングに
囲いを作ったお産場所で
先住犬が産みました。

子ども達それぞれが、
その後の処置を
少しだけお手伝いしました。
(へその緒を結紮し 切りました。)

ひとりは、ライトを照らし、
ひとりは、へその緒を結紮、
ひとりは、その場の片付け、、
私は周りで オロオロするだけでした。


先住犬の母犬は、仔犬達を きれいにきれいに
舐めて、
母乳をあげていました。

それをずっと見守りました。



f0376195_22180627.jpg


愛犬は、
先住犬が産んだひとり娘です。
他の子は、男の子で
それぞれ、もらわれていきました。


当初は
すべての子を手離すつもりでしたが、
この子だけが
とても小さくうまれたため、
我が家で育てることにしました。


母犬の側に ずっといたためか、
今でも甘えん坊です。

母犬が虹の橋を渡った時は、
ピーピーピーピーないていました。





f0376195_22145329.jpg


どうしてこれまで、
非公開にしてきたかと申しますと、
(一度、アップしましたが 削除しちゃいました。)
とっても可愛いらしいお顔なの〜←親バカ
(#^.^#)


f0376195_22102780.jpg


夜は、
パパと一緒にネンネします。
でも、
朝まで待てなくて、
ママを起こして トイレまで行くのですよ。


ご飯は、
ドッグフードに
ネーネが作った手作りご飯を
少しかけて
食べてます。

毎年、肺炎になっちゃって、
入院し、家族を いっぱい心配させるんです。
なので、お咳がでると
すぐに ママに吸入をしてもらいます。


f0376195_22122715.jpg


こんな愛犬…、

家族皆の恋人であり、
友人であり、
良き相談相手です。


f0376195_23002190.jpg


いつまでも元気で いてほしいと願っています。
これからは、
ちょこちょこ 登場させていただきます。
どうぞよろしくお願いしまーす。


f0376195_22093738.jpg


我が家の愛犬、

十三歳を機に
ご紹介させていただきました。



今日もお立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、
幸せ多い日でありますよう。












by mary_snowflake | 2017-10-12 06:00 | 愛犬 | Comments(32)

紫陽花

5年前の6月15日、
今の子の母親犬である愛犬が 急逝しました。
朝、なんとなく元気がないと察しましたが、気のせいかなと思う程度。
それまで飛び跳ねるように元気だった愛犬でした。
(定期検診も受けたばかりでした。)

私は 友人とのかねてよりの約束を優先してしまいました。
数ヶ月前から有給休暇までとってくれた友人を 無下に断る勇気がありませんでした。
出かける前、愛犬は、髪を梳かす私のところに来て 私の足をペロペロ舐めていました。
どんなことを言いたかったのでしょう。
玄関で見送ってくれた時、何を思っていたのでしょう。

それでも 早く切り上げて、私は お昼過ぎには帰宅しました。
愛犬は、待っていてくれました。
いつも通り、主人の昼食のおこぼれを欲しがり、走り回り、主人に添い寝していました。
あ〜気のせいだったかと、一旦は安堵しました。

夕方、愛犬をふと見ると床に張りつき、ぐったりしていました。
慌てて かかりつけ医のところへ走りました。
血液検査もレントゲンも異常はないが、もう体温が下がっているからと動物センターへ連れて行くことを勧められました。
すぐに車で隣町にある 動物センターへ走りました。
もうすぐ動物センターという時に、
その車の中、助手席の娘の腕の中で 愛犬は逝きました。

不思議なことが この世の中には あります。
愛犬が逝った直後、私の車は 突然動かなくなり、道をふさぎました。
見ず知らずの方が、愛犬と私をご自分の車に乗せて ご自分の通う動物病院に連れて行ってくれました。
すごいスピードで 走ってくれました。

娘は 道をふさいだ車の場所に残りました。
警察や JAFとの対応をしてくれました。
ついに 車が止まった原因は わかりませんでした。
JAFの方にお世話になり、愛犬と私達は帰宅しました。

f0376195_19333499.jpg

愛犬を 我が家の庭に咲く紫陽花の花いっぱいにして 見送りました。
不思議なことに、その翌年から 我が家の庭に 紫陽花を
見かけなくなりました。

私は、長く 深い悲しみと 自責の念に駆られました。
これからも 消えることはないと思います。

f0376195_19333557.jpg

今年、私は 我が家の庭で 紫陽花を見ました。
そこには、健気に たおやかに美しく咲く紫陽花がありました。
あれからの私は、紫陽花に目を背けていたのかもしれません。
愛犬に寄り添ってくれた紫陽花の花に 罪はない、今年の私は そう思えました。

限りある命、今 そばで息している命が 突然にして消えることもあるのだということ。
だからこそ、大切にしなければいけない命。
愛犬は、私や家族に 多くのメッセージを遺してくれました。

f0376195_19333538.jpg

愛犬の名前は、CHLOEといいました。
ギリシャ神話の中の、みなしごの女の子が愛を知る物語…、この女の子の名前から つけました。
この世に生を受け、まだ9年でした。

私の思いを綴る場所があることに感謝します。

今日も お立ち寄り下さり、最後まで お読み下さいまして、ありがとうございました。















by mary_snowflake | 2017-06-15 21:30 | 愛犬