人気ブログランキング |
ブログトップ

ミセス サファイア 静けさの中で

四季を感じながら、食と好きなもの、日々の出来事を通して心のままに綴りたいと思います。


by sapphire
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

菊の節句と 恩師の思い出



お蔵入りしそうな写真を
アップします。

約一ヶ月前の「菊の節句」の日のことです。
毎年、ささやかながら 家族で
祝い、愉しんでいます。



九月九日は、陽数の極みが重なることから
重陽となり、
大変おめでたい日とされました。

以前、教えを受けていた茶道の先生は、
この日「重陽の節句」を 
「菊の節句」、「重九」といい、
毎年、お茶会を催しました。

現在では、
新暦でお祝いすることが多いですが、
その頃は、たしか 旧暦で祝っていたと
記憶にあります。
今年でいうと、十月七日でした。

今では、一年中 ある菊ですが、
昔は、はっきりと 花の時期が あり、
旧暦の九月九日は、
季節の花である菊が美しく咲く頃、
菊の節句という呼び名も しっくりときます。


長寿を願い、
秋を楽しむ饗であり お祝い事ですが、
五節句で唯一、
我がことも 祈る節句でもあります。

我が家では、
生活の節目に 少し取り入れ、
両親や周りの方々の長寿を願うとともに
我が身をいたわる気持ちを 見直す機会にと
思っています。



f0376195_19291321.jpg


主人は、重陽の節句にかこつけて、
 ほぼ制限なしで
お酒を飲める絶好のチャンスだと 
毎年、楽しみにしています。

私は、いつもより 料理に精を出し
夕食の時間を楽しみました。


f0376195_19291201.jpg

f0376195_19294735.jpg


鯛の菊花添え

里芋、なます巻き

月見たまご、銀杏、栗
海老、
鮪と胡瓜、菊花和え



f0376195_19294829.jpg


この節句は、
栗の収穫の時季でもあることから
「栗の節句」とも呼ばれます。

夏の名残の胡瓜も使い、
旬のものも 味わいたい、
そんな頃でした。


f0376195_19302877.jpg


鰆を 幽庵焼きにして。


f0376195_11513264.jpg


お椀は、蕪と菊花です。


f0376195_11515199.jpg


実は、今年に入り、
カービングを 少し習いました。
まだ時間がかかり、
これでも 一番出来具合の良いものです。

蕪を 菊に見立ててみました。



f0376195_19294635.jpg


菊文様のお椀

私は、桜の季節にも 花びら程度の器まで。
季節の花の柄の器を
その季節に使うことは あまりしないのですが、
菊の節句だけは、別かなと思います。


f0376195_19294989.jpg


主人の友は、
鶴の聲

まぁ、なんというか 満足そうに
食事、晩酌をしてくれました〜笑



f0376195_19302792.jpg


昔、恩師が設えていた
一汁香の物共五菜の本膳と
焼き物、椀盛を供する脇膳は、

見て美しく、食べても美味しく、
緊張感のある中にも
晴れやかな気持ちになったものです。



f0376195_19295092.jpg

f0376195_11530804.jpg


恩師の
床の間には、重陽の掛け軸、
菊絵巻の花入れには
清楚な一輪の菊を生けてあり、
それが 雅やかで 気持ちが 引き締まり、
子どもながらに
秋を愉しむ 優雅な時間でした。


f0376195_19302909.jpg


恩師と過ごした
菊の節句の思い出とともに、
一か月前の お祝いの夕食風景でした。



週末には、台風が接近する模様です。
皆さま、お気をつけてお過ごし下さい。
被害がないよう 祈ります。








by mary_snowflake | 2019-10-10 00:00 | 行事・五節句