ブログトップ

ミセス サファイア 静けさの中で

四季を感じながら、食と好きなもの、日々の出来事を通して心のままに綴りたいと思います。


by sapphire
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

停電



昨晩の台風の影響で 私の住む地域は、
一時、停電になりました。
あらためて、電気の有り難さ、日常に感謝しました。
ご参考になることなどは 無いと思いますが、
ほんの7、8時間の停電でも
日常とは違う時間を強いられることが伝えられたらと思い、記します。

* * * * *

昨日は、台風に備え、
午前中に買い物に行き、 夕食の下ごしらえをしました。
ブロ友さんのお言葉を拝借し、
「嵐の夜の晩餐会」のようなものを 思い描いていました。
珍味を入れるよう青柚子をくりぬいたり、牛蒡をスライスしたり、人参の型抜き、煮卵を仕込んだりしました。

午後、友人と のんびりしてるわよ〜という会話をした直後、
パチッとした音を立て 停電がおきました。
私は すぐに仕事場の様子を見に行き、その対応をしました。

ほんの一瞬の停電だろうと 呑気に構えていましたが、
それから 7〜8時間、
暗闇の中で過ごすことになりました。

20年近く前の我が家の新築当時は、太陽光発電がまだそれほど普及されていませんでした。
現在では、その頃よりも取り入れやすくなっているようです。


f0376195_07302433.jpg



夕刻からの停電、
あたりは しだいに 暮れていきます。
別宅の義母を迎えに行き、リビングにいてもらうように言い、
父とふたりに 飲みものを準備、
その後、ランタンを灯しました。
以前、キャンプで使っていたものを非常用として
準備していましたので 助かりました。



f0376195_07310478.jpg



夕食の準備は、ある程度していましたが、
どれも 完成形はなく、しかも、 調理は出来ない状態、そのまま食べてしまうのも もったいないなぁ、明日途中から調理しようなどと いう
安易な思いもありました。

卓上ガスコンロをだしてきて、
まず、
愛犬のドッグフードをふやかすお湯だけを
沸かし、愛犬に食餌を与え、
仕事場に戻りました。


日頃から、私は 作り置きをたくさん作る習慣がなく、
作ったとしても 翌日までには 完食してしまいます。
こんな時には 何らか火を通さなくてもすぐに食べられるお菜があればいいのだなと思いましたが、
大人4人分となると、 それは、なかなか大変だなとも感じました。

卓上ガスコンロを使い、ご飯を炊きたかったのですが、
仕事場との行ったり来たり…、
二次被害を懸念し、今回は やめました。

仕事場が 一段落した後、
近くのコンビニエンスストアで
簡単な夕食を買い物してきました。
コンビニエンスストアには あらゆる便利なものがあるのだと 知りました。

信号が点いていない道路の運転は
初めての経験で 不安な気持ちでした。
どの車も 徐行運転し、
交差点では 他の車の様子をうかがいながら
信じて走行するしかありません。


f0376195_07315095.jpg


明日のことが気になりながらも
一旦、仕事を終えた主人は、
まずは 皆、食事をしようかと 言いました。
いつもなら あっという間に過ぎる
夕刻の数時間ですが、
暗闇の中では、長いように思えました。
義母と父の あっけらかんとした
会話が 無性におかしくて
クスクスッ 笑いながら 食事しました。

この頃まではまだ、気持ちに余裕があり、
カメラで 夕食風景(コンビニご飯)を パチパチと撮影したり、
そろそろ復旧するだろうという思いだけがありました。



f0376195_07315266.jpg


私は、日頃から 炊飯したご飯が余ると、
非常食としても使えるように
おにぎりにして冷凍しておくのですが、
それは 良かったと思いました。
レンジが使えませんので 夕食には叶いませんが、
翌朝まで 停電が続くようなら おにぎりが丁度解凍できているなと思いました。
コンビニエンスストアには すでに
おにぎりは 一つも残っていませんでした。


f0376195_08005011.jpg


冷蔵庫の中の どうしてもの貴重な食品は
クーラーボックスに保存しました。

もちろん、ウォーターサーバーは 動きませんが、
断水でないのは 本当に助かりました。

非常食は 準備をしていましたが、
どこに収納していたか 少し探しました。
やはり、非常食の管理や 非常用グッズは
本当に大切だと痛感しました。


f0376195_08013639.jpg


非常食・ 水・ブランケット
(今回は 未使用)

お風呂のお湯を予約し、 ためていたことは
幸いでしたが、
満杯になる前に 停電がおきたようでした。
真っ暗な中、シャンプーもしましたが、
ドライヤーは 無論使えず、 速乾タオルと自然乾燥をしました。



f0376195_07312407.jpg


iPhoneの充電も出来ないのですが、
私は 日頃から 充電器を バッグの中に携帯しているので、
それを使って 充電しました。これは 助かりました。
おかげで、停電の中、ブログ訪問も出来ましたが、
夜が更けていくにつれ、
停電がいつまで続くかわからないと思い、
備蓄しておくべきだなと思い直しました。



f0376195_07310725.jpg


日頃は、インテリア的に使っているランプ(乾電池式)が
大変役に立ちました。
テーブルに、このランプを置き、
過ごしました。
就寝時には 各人の部屋に 、懐中電灯とともに 一つずつ置きました。
義母と 父は、就寝時にも 停電が続き、
不安が隠せない様子でしたが、後に見に行くと、
疲れていたこともあり、睡眠に入っていました。

愛犬も、普段とは違う雰囲気、寝室の暗さに
不安がり、なかなか落ち着きませんでしたが、
夜中になってから 寝入ったようでした。


f0376195_07315197.jpg



そろそろ 復旧するだろうという希望的観測と
明日も停電が続くのかという不安が 頭を支配しましたが、現実的に辛かったのは、 暑さでした。
いただきものの アイス饅頭で 身体を冷やしました。
扇子の風ではどうにもならず、
乾電池式の扇風機くらい 買っておけばよかったなと思いました。
しかし、買ったとしても 人数分の準備は しなかったでしょう。
真夏でなくて 幸いでした。
就寝時、義母と父には、アイスノンを持たせました。



f0376195_07312384.jpg


連日、このような生活を
それも 酷暑の時期、厳寒の時期に
強いられた方々は
どれだけ 辛く 不便で 苦痛を伴い、
精神的にも肉体的にも 大変でいらっしゃったかと
ほんの 一晩、
停電の中にいただけの私、
今更ながら痛感しました。


f0376195_07310587.jpg


関西空港、六甲アイランドなど各地では
多大な被害をうけ、
たくさんの方々が 大変な思い、ご不便をされたようです。
一日もはやい復旧を願い、
被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

日常の生活に あらためて 感謝いたします。




by mary_snowflake | 2018-09-05 08:25 | 日々の暮らし