大寒




大寒の入り

二十四節気の中の
最後の節気。
その字のごとく、
一年で最も寒さが厳しい時季です。

武道では 寒稽古があったり、
寒気を利用した食べ物(味噌や高野豆腐、酒など)を
仕込む時期でもあります。

大寒には、
卵を食べる風習があるとも聞きます。

今のように
養鶏が発達していない時代の卵は貴重で、
その上に
大寒の頃の卵は 希少価値が高く
質の上でも 優れたものだったそうです。
また、
金運と 健康運に恵まれるという言い伝えがあり、
昔の人は、
縁起物としても、 
大寒の時期の
卵を大切に食べていたそうです。

昨晩は、
卵を使った料理と
知人から いただいた干物を焼いて
夕食としました。



f0376195_21415729.jpg



卵の天ぷら丼

大寒にちなみ、卵料理を一品!

半熟にした卵に天ぷら粉をつけ揚げました。
丼に盛りつけ、天つゆをかけました。

なんて美味しいのでしょう〜♪


f0376195_21424248.jpg



卵の天ぷら丼、
わかめ汁、ふぐみりん干し、
大根の味噌かけ、南瓜煮、
牡蠣の旨煮、うるいのお浸し



f0376195_21415973.jpg



南瓜煮

娘の好物です。
友人のお見舞いに頑張っている娘に。
娘好みの味に 煮ておきました。
どうぞ、召し上がれ〜♪



f0376195_21415924.jpg



牡蠣の旨煮
うるいのお浸し

煮汁に牡蠣を入れ、火が入ったら 一度取り出し、
煮汁を煮詰める。
再度牡蠣を鍋に入れ、煮汁が無くなるまで煮詰める。

とても美味しく仕上がりました。




f0376195_21415863.jpg



一昨晩の大根に
田楽味噌をかけました。



f0376195_21420076.jpg
 

 ふぐみりん干し


主人の友は、
天狗舞
純米大吟醸
金沢のお酒です。



f0376195_21521230.jpg



これから下旬になると、
寒さの中にも
日差しが明るく感じられ、
少しずつ日が伸びていきます。

春の訪れを望む時季に 移り行きます。


今日も お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、温かくしてお過ごし下さいますように。




by mary_snowflake | 2018-01-20 07:10 | おうちご飯