家族の中の ひとり時間

しばらく親戚のお宅に泊まり込みで歯科治療をしていたおばあちゃんが 10日ぶりに帰宅し、実父も滞在していて、少しの期間、我が家は 平均年齢が高い暮らしになりました。
朝から大勢で食事し、夕食も その日によりメンバーが変わりますが、いつもより賑やかな食卓です。
そんな午後、家には私だけ、ふっと ひとり時間を楽しみました。

f0376195_22051936.jpg

キーンと冷やしたミントティー、
我が家の庭のミントも入れてみました。
私だけの 静かな時間、しばし何もせず ミントの香りを味わいます。この季節、爽やかで良いです。
こんなひとり時間があるから、大勢も楽しめる…至福の時間。

f0376195_22052096.jpg

今晩の夕食は、
キンキ煮つけ、鰻ざくと焼き茄子、オクラの胡麻和え
あおさの吸い物、筑前煮(2日目でよく味がしみています)

鰻ざくと焼き茄子
うっすら甘酢を垂らした焼き茄子の上に 鰻と胡瓜の甘酢をのせる
最高の相性、夏の風物詩。

f0376195_22052162.jpg

今晩は、おばあちゃんと 父と 主人と私。

歯が何本残っているなどの自慢話、
高齢の父なりの尊厳の話などなど…
父の いつも聞けない気持ちが 所々に見え隠れする話に、おばあちゃんが ニコニコと耳を傾けてくれています。

f0376195_22052152.jpg

煮魚は 気をつけて食べて下さい〜。
どうぞ、ゆっくり食事を楽しみましょう。
私は ひとり時間で 充電しましたよ。

f0376195_22052299.jpg

昨晩の夕食は、
牛肉とトマトの味噌スープ、
冷や奴、鮪(本鮪と 鮪の山かけ)、筑前煮

f0376195_22052366.jpg

味噌スープの牛肉は 柔らかく 父にも安心な様子、
トマトでさっぱりとしたスープ、
子ども達が受験生の頃に 帰宅が遅く このようなスープをよく作りました。我が家の定番です。

f0376195_22052362.jpg

HT ペパーミントハーバル
HARNEY & SONS
こちらのミントティーに 我が家の庭のミントを入れて。
香り高く、梅雨のうっとおしさを吹き飛ばすような爽やかさ。

f0376195_22052434.jpg

賑やかな家族の時間を過ごすためにも、
自分を癒す ひとりの時間を たのしみたいと思います。

今日もお立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さまにとりまして、素敵な明日でありますよう。









# by mary_snowflake | 2017-06-22 22:05 | おうちご飯 | Comments(8)

ビフカツ

昨年 母が他界し、ひとり暮らしになった父ですが、近頃 少しずつ 気持ちも落ち着いてきたようです。
毎朝、父に電話することが日課になった私…。
ちゃんと食べてますか?と聞くと、
あなたより栄養には気をつけていますよと言う。
暗くなってから出かけることは控えた方がよいのでは?と言うと、あなたより足腰しっかりしてますよと言う。
たまには 遊びに来てと言うと、
私は 色々忙しくてねと言う。
そこは、ありがとうの一言でよいのではと 心では思っていますが、この頃なぜか 父が可愛いです。

そんな父が 昨日、我が家に やって来きました。

f0376195_23462629.jpg

ビフカツ 胡麻ソース 蒸し野菜添え

今日、父は 揚げたものが久しぶりに食べたいと言いました。
和食中心のものを意外に熱心に自炊しているようですが、揚げものは食べなくなったと言います。
では、少しだけ。

胡麻ソース: ケチャップ大匙2、ウスターソース大匙2、白すりごま大匙1

父「生パン粉、自分で作ってないの?」
私「はい、買ってきましたよ、今は 良いものがあるんですよ〜、いかがですか?」
父「出来はよいよ」

f0376195_23462701.jpg

ビジソワーズ
父「なめらかに、よくできてますよ」
それは よかったです。

f0376195_23462887.jpg

茄子のマリネ 赤唐辛子とミント添え
茄子は縦に切り、塩をしてアクをキッチンペーパーで吸う。小麦粉をつけて揚げ、冷やす。白ワインビネガーとオリーブオイルをかけ、ミントと赤唐辛子を添える。

f0376195_23462832.jpg

いくつになっても 負けず嫌いの父、
そんな父が ポツンと言った…、
「こんな嬉しい時こそ、よけいに お母さんが ここに一緒にいたらいいのになと思うよ。」
たしかに そうですね、お父さん!

今日も お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、幸せ多い日ですありますよう。










# by mary_snowflake | 2017-06-19 23:50 | おうちご飯 | Comments(20)

カメラ初体験

カメラを持ったのは、何年ぶりでしょうか。
ブログ編集も 撮影も これまで 全てスマホで行なってきました。
特に支障はなく 楽しんでいましたが、近頃 カメラを使ってみたくなりました。

f0376195_23160559.jpg

まずは、豚肉の冷しゃぶサラダにピントを合わせたつもりで 撮ってみます。
あー、よくわからない…。
大きなスマホの画面に比べて カメラのレンズって小さいです!どこを見たらよいのでしょうか…。

f0376195_23160626.jpg

はい、次は グラスとお酒の瓶。
なんだか、難しい〜。
カメラのどこを持ったら良いのでしょう、笑。
時々、どこかを手で押してしまい、暗くなったりします。うまくいかない〜

f0376195_23160724.jpg

今晩は、娘の希望で、肉団子の甘酢あんかけです。

カメラって 重いですね。段々と 肩が重く痛くなってきました。

f0376195_23160762.jpg

韓国風 鯛の刺身
韓国風酢味噌: 目安(コチュジャン大匙1、酢大匙1、砂糖大匙1弱、ニンニクのすりおろし小匙1弱、すりごま適量)
これは、美味しい〜♪

冷たいお料理、温かいお料理
それぞれを できる限り 美味しくいただきたいので、一発勝負です。あまり 位置を変えたりも したくありません…が、難しいですね。

f0376195_23160820.jpg

なんだか 片寄ってるような…。
どうして 背景が ボヤ〜とぼけないのでしょうか…。
画質は綺麗な気もします。

f0376195_23160893.jpg

あれ〜、これまで 椅子が映らないように気をつけて 撮っていましたが、 バッチリ映っていますね。
どうしましょう、笑。
ま、これからは、気にせずいきましょか。

f0376195_08000650.jpg

なるべく早く、カメラに慣れたいです。
引き続き、お見苦しいこともあろうかと思いますが、これからも 温かく見守って下さいましたら 嬉しいです。

今日もお立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、良い日曜日をお過ごしくださいますよう。










# by mary_snowflake | 2017-06-18 08:00 | 日々の暮らし | Comments(24)

夫の憂鬱

昨日の主人は、少し疲れてみえ、何やら難しい顔をして帰宅しました。
日頃、あまり感情を出さない人なので どうしたのか 気になりますが、主人が話し出すまで そっとしておきましょう。

f0376195_01424709.jpg

サーモンとアボカド、ジュレかけ。
先に、こちらを召し上がっていて下さい。
ジュレは、だし汁、薄口醤油、和さび、ぽん酢を少しずつ、ゼラチンでゆるめに固める。
ディルを添えました。

とっておきの 獺祭スパークリングでも開けますか?!
はい、どうぞ〜、これで、お疲れが とれるはず!笑

f0376195_01424883.jpg

万能寺唐辛子のお浸し
種をとり 一度ゆがいて、だし汁と薄口醤油で 浸しておきました。
これ、イケるよ〜!
それは、よかったです!

f0376195_01424840.jpg

アジフライ
キャベツと胡瓜添え
お皿も 明るい色を使いましょう〜
アジフライが妙に好きな主人、昨晩の献立で良かったです!

f0376195_01424966.jpg

茄子と 海老、オクラの炊き合わせ
茄子は 揚げて だし汁に 薄口醤油のみのつゆに、今朝から 浸して冷やしておきました。

長芋と胡瓜、お揚げ、茗荷、わかめの柚子胡椒和え
お揚げは いつもより長く1分くらい湯通し、材料をすべて千切りにする。
ドレッシング目安(酢大匙2、創味のつゆ大匙2、柚子胡椒小匙半分程)

ブロッコリーとトマト
私はマヨネーズでブロッコリーをいただきます。

f0376195_01425028.jpg

獺祭 発泡にごり酒 スパークリング50

主人は、気分上々になってきた♪
あれやこれやと 話し出し、
ふむふむ…ふむふむ…と いつもと逆の立場。
いつも 主人は、私のクダラナイ話を気長に聞いています。
な〜んだ〜、そんなこと〜?…とは けっして言わず、
今晩こそは、私が ふむふむ…ふむふむ…。
獺祭さん、ありがとう。

今日も お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、それぞれに良い週末をお過ごしくださいますよう。











# by mary_snowflake | 2017-06-17 08:00 | おうちご飯 | Comments(15)

紫陽花

5年前の6月15日、今の子の母親犬である愛犬が 急逝しました。
朝、なんとなく元気がないと察しましたが、気のせいかなと思う程度。それまで飛び跳ねるように元気だった愛犬でした。

私は 友人とのかねてよりの約束を優先してしまいました。
数ヶ月前から有給休暇までとってくれた友人を 無下に断る勇気がありませんでした。
出かける前、愛犬は、髪を梳かす私のところに来て 私の足をペロペロ舐めていました。
どんなことを言いたかったのでしょう。
玄関で見送ってくれた時、何を思っていたのでしょう。

それでも 早く切り上げて、私は お昼過ぎには帰宅しました。
愛犬は、待っていてくれました。
いつも通り、主人の昼食のおこぼれを欲しがり、走り回り、主人に添い寝していました。
あ〜気のせいだったかと、一旦は安堵しました。

夕方、愛犬をふと見ると床に張りつき、ぐったりしていました。
慌てて かかりつけ医のところへ走りました。
血液検査もレントゲンも異常はないが、もう体温が下がっているからと動物センターへ連れて行くことを勧められました。
すぐに車で隣町にある 動物センターへ走りました。
もうすぐ動物センターという時に、
その車の中、助手席の娘の腕の中で 愛犬は逝きました。

不思議なことが この世の中には あります。
愛犬が逝った直後、私の車は 突然動かなくなり、道をふさぎました。
見ず知らずの方が、愛犬と私をご自分の車に乗せて ご自分の通う動物病院に連れて行ってくれました。
すごいスピードで 走ってくれました。

娘は 道をふさいだ車の場所に残りました。
警察や JAFとの対応をしてくれました。
ついに 車が止まった原因は わかりませんでした。
JAFの方にお世話になり、愛犬と私達は帰宅しました。

f0376195_19333499.jpg

愛犬を 我が家の庭に咲く紫陽花の花いっぱいにして 見送りました。
不思議なことに、その翌年から 我が家の庭に 紫陽花を
見かけなくなりました。

私は、長く 深い悲しみと 自責の念に駆られました。
これからも 消えることはないと思います。

f0376195_19333557.jpg

今年、私は 我が家の庭で 紫陽花を見ました。
そこには、健気に たおやかに美しく咲く紫陽花がありました。
あれからの私は、紫陽花に目を背けていたのかもしれません。
愛犬に寄り添ってくれた紫陽花の花に 罪はない、今年の私は そう思えました。

限りある命、今 そばで息している命が 突然にして消えることもあるのだということ。
だからこそ、大切にしなければいけない命。
愛犬は、私や家族に 多くのメッセージを遺してくれました。

f0376195_19333538.jpg

愛犬の名前は、CHLOEといいました。
ギリシャ神話の中の、みなしごの女の子が愛を知る物語…、この女の子の名前から つけました。
この世に生を受け、まだ9年でした。

私の思いを綴る場所があることに感謝します。

今日も お立ち寄り下さり、最後まで お読み下さいまして、ありがとうございました。















# by mary_snowflake | 2017-06-15 21:30 | 日々の暮らし