春の贈り物

我が家で、春のご飯の友といえば、くぎ煮、そして、分葱です。
この時期になると、農家の方から毎年の定期便、採れたての分葱が届きます。

f0376195_09011893.jpg

例年は春分の頃、今年は気温が上がらず低いままだったので10日程遅れてのお届けでした。

f0376195_09011980.jpg

炊きたての白いご飯の上に、分葱と しらす、花かつおをパラパラ〜、だし醤油(この日は、鎌田だし醤油)をかけて!

分葱は、澄んだ春の香りがします。
ピリッとした辛味に、冬に縮こまっていた身体がスッと伸びます。

しらすは、釜揚げしらすでもなく、ちりめんじゃこでもない、しらす干しくらいが合うと思います。

f0376195_09012028.jpg

分葱
今年は あまり伸びなくて…とおっしゃっていたように、例年のものより短いです。
でも、味はそのまま、変わりません。
採れたてで ピーンとしています。

f0376195_09012071.jpg

家族それぞれ、好きな分量が違います。
各自で 好きなだけ、ご飯の上に 盛ります。
春が来た!

f0376195_09012125.jpg

根っこは、きれいに洗い、お醤油をたらし、主人の酒のおともに。

f0376195_09012209.jpg

新鮮な分葱だから味わえる、
我が家の春の贅沢です。

f0376195_09040211.jpg

朝から、春の息吹きをいっぱいに感じ、今日も一日頑張ります!

今日もお立ち寄り下さり、ありがとうございます。
皆さま、幸せ多い日でありますよう。







# by mary_snowflake | 2017-03-30 09:00 | 朝食 | Comments(10)

蛤と筍の炊き合わせ

毎号愛読している「四季の味」、私には、ちょっと背伸びですが、年4回の発行を楽しみにしています。
気になったお料理をまず、同じように作り盛り付けてみます。
次回に、我が家流に食材を変えたり、アレンジしたりしています。
昨晩は、戴き物の筍をつかって、春号に記載されていたお料理を作ってみました。
娘は 夕食を済ませて帰宅する予定、主人と二人の夕食です。

f0376195_21555763.jpg

蛤と筍の炊き合わせ
だし汁5に対し、酒1塩少々を加え、筍を入れて火にかける。
最後に色付け程度に薄口醤油を少々。
筍が柔らかくなったら 常温でゆっくり冷まし、味を入れる。蛤は、筍の鍋を再度火にかけ、蛤を入れ、貝が開いてきたら、火をとめる。
貝の旨味が染み出し、蛤の良い香りが漂います。
筍にも蛤のお出しが染み、とても良いです!
木の芽が、準備できておらず、情けないことでお見苦しいです。ザンネン。

f0376195_00054911.jpg

鰻 オーブンで少し温め直しました。

胡麻豆腐

f0376195_00055002.jpg

鰻屋さんの だし巻き玉子
やはり滑らかです。

ブロッコリーのナムル

主人の友は、
越の初梅 特別純米酒

f0376195_00055103.jpg

サラダ
サニーレタス、トマト、アスパラ、貝割れ大根
たっぷり生野菜をいただきました。
ご馳走様でした!

私なりに美味しく出来た時、家族に喜んでもらえた時、なんともいえない充実感があります。
また、頑張ろうと思います♪

我が家の裏に、大木の彼岸桜の木があります。
私が結婚した頃から、老木だと聞いていました。
毎冬、春には花が咲くのかと心配しますが、ずっと毎春、花をつけ、家族を楽しませてくれています。
キッチンとダイニングの窓全体に広がるほどの見事な枝ぶり。
家族の春を 毎年、見守り続けてきてくれた桜の木、
子ども達が入学するような嬉しい年には、美しく咲き誇って見えました。
また、ある年は、優しく包み込むように咲いてくれました。
暖かい年なら、お彼岸には 満開になるのですが、今年は、桜色の蕾のまま。。
今年も、この老木に咲く桜の花が見たいと思います。

今日も、お立ち寄り下さり、ありがとうございました。季節の変わり目、皆さま、ご自愛下さいますよう。


# by mary_snowflake | 2017-03-29 07:46 | おうちご飯 | Comments(8)

ダイエットディナー

何年前になるのでしょうか、タニタ食堂や芸能人さんのダイエット本などが 人気だった頃、我が家でもダイエットメニューがブームになりました。
専門的な知識が無い私は、あらゆるダイエット本や治療食の本なども読み漁り、カロリーを計算して遊んだり、美味しくできると誰より喜んだりしていました。
そんな頃のお料理で 今でも家族に親しまれているメニューを作ってみました。

f0376195_01044521.jpg

今月は、外食やイベントが続きましたので、ここで少々
お腹を休めましょう。
ヘルシーメニューで なおかつ、美味しく楽しみたい。

f0376195_01044672.jpg

これ、ほとんどお豆腐とお野菜、繊維なのよ〜!
ダイエットメニューがブームだった頃、
子ども達にそう言うと、よく褒めてもらえました。←おだてられていた…笑!
とても喜んでもらえました。

f0376195_01044618.jpg

お豆腐バーグ

目安です
木綿豆腐一丁(水をきって)、豚ミンチ100g、しいたけ5つみじん切り、ショルダーベーコンみじん切り50g、麩40g(ふやかして水をきる)、玉ねぎ一個みじん切り(レンジで2分加熱し、粗熱をとる)、卵一個、
生クリーム、ケチャップ、ウスターソース、塩胡椒、ナツメグを混ぜ合わせ、耐熱皿に敷き詰め、冷蔵庫で一時間ねかせる。
コンソメ寒天を数か所埋め、250度のオーブンで30分焼く。パセリのみじん切りを飾る。
f0376195_01044730.jpg


f0376195_01044833.jpg

ふわふわの豆腐バーグ、溶け出したコンソメ寒天が、肉汁のようにジュワッと出てきて、パン粉のかわりに麩を使います。
調味料も混ぜ合わせてしまいますが、味が薄いなと感じる日は、ケチャップとウスターソースなどでソースを作り、かけていただきます。

f0376195_01044835.jpg

まぐろとお豆腐、アボカド

木綿豆腐は水切りし、セルクルで丸く型抜きする。
アボカドは、細かくし 顆粒コンソメ少々とマヨネーズを混ぜ合わせる。
まぐろは、包丁でたたき、ペースト状にし、塩胡椒。
お醤油とレモンを添えていただきます。
(レモン汁を足すと更に美味しくいただけます)

オニオンスープ
娘が玉ねぎをじっくり炒め、スープにしてくれました。
とても良いお味ですよ〜。

f0376195_01044931.jpg

サラダ
フルーツトマト、モッツァレラチーズ、パセリのみじん切り
トマトの糖度が高く美味しいので、オリーブオイルのみで。

f0376195_01045067.jpg

帆立と海老、スナップエンドウのバター炒め
にんにくと、XO醬少しで。

f0376195_01045051.jpg

豆腐バーグの向こうにあるのが、
焼きなすのミントマリネ

焼きなすを オリーブオイル大匙4とレモン汁小匙2、ミント10枚くらい、茅の舎の野菜だし一袋(破ってかける)でマリネします。
友人にもらった茅の舎野菜だしに付いていた、おすすめレシピを見て作ってみました。
なすとミントはよく合いますね。
さっぱりとして美味しい〜〜!

f0376195_01365347.jpg

健康に暮らしたい。
でも、美味しい!は、外せない。
健康的で、栄養バランスも良く、家族が満足する食卓、難しいですが、日々、考えていきたいです。

今日もお立ち寄り下さり、ありがとうございました。
関東では雪崩の被害のニュースもあり、不穏な気候です。皆さま、どうぞお気をつけてくださいますよう。








# by mary_snowflake | 2017-03-28 07:55 | おうちご飯 | Comments(6)

御呼ばれ

先日は、御呼ばれにあずかりました。大切な方のお祝いの席、清潔な服装に整え失礼のないようチェックして、お約束の時刻少し前には待ち合わせ場所に到着し、お待ちしていたいです。

ゆるやかな時の中、非日常の世界へ参ります。
お祝いの品は 先に御自宅までお届けし、この日は 心ばかりの品を 風呂敷に包み、お招きいただいたことへのお礼のご挨拶をします。

写真は撮らないようにと思っていましたが、自由に楽しみなさいとおっしゃっていただき、お店の方にも許可を得て、撮らせていただきました。

f0376195_01333853.jpg

先付け
鶴を形どった祝皿が 圧巻です。
白魚の酢の物
一瞬で 季節を感じ、これから続くお料理への期待が膨らみます。

3月の節句にちなんで、食前酒は 甘酒とお店自慢の日本酒を合わせたもの。

f0376195_01333891.jpg

大変立派なお椀、私が映り込むほどに美しく磨かれています。(お椀左手、モザイクをかけています)
蓋が朱、椀となるところが黒、珍しい。

f0376195_23252104.jpg

胡麻豆腐と蛤のお吸い物
蛤のおだしが素晴らしい。こんな時、日本に生まれてよかったと思う。

f0376195_23252109.jpg

お造り
金目鯛、鯛、伊勢海老、しびまぐろ

f0376195_23252272.jpg

焼き白子の茶碗蒸し
白子は焼くと 旨味が増し、良いお味。

f0376195_23252347.jpg

f0376195_23252349.jpg

赤い網をとり貝殻を開けると、このような珍味が入っています。
お酒がすすみます。私は、ウーロン茶でも大満足。

f0376195_23252457.jpg

お祝いの気分が高鳴る演出です。

f0376195_23252550.jpg

アブラボウズと海老の焼き物
お赤飯
アブラボウズ、身がぷりぷりしていて、銀だらのような、のどぐろのような味わい。深海魚で脂が多いですが、良質の植物油に近いものらしく、とても美味です。

f0376195_23200580.jpg

煮物椀
上品な薄味で すべてをいただいて完成されるよう


f0376195_01333906.jpg


f0376195_01334035.jpg

桜えびの炊き込みご飯

f0376195_01334018.jpg

水菓子

f0376195_23354562.jpg

お祝いに相応しい設え、快適で心地良い空調、上品で適度な距離感を持った接客、
お料理ありき、されど、お料理は一部。

f0376195_23354692.jpg

人生の節目のお祝いのお席、
ご相伴にあずかり、和やかな時間を過ごしました。
丁寧にお礼を述べ、また、日常へ戻ります。

今日もお立ち寄り下さり、ありがとうございます。
皆さま、幸せ多い日でありますよう。




# by mary_snowflake | 2017-03-26 07:50 | 日々の暮らし | Comments(2)

春の一日

日差しは暖かいですが、吹く風に肌寒さを感じます。
昨日は、庭に出て草花の手入れをし、バードバスの掃除をしました。
そんな日の夕食です。

f0376195_22511764.jpg

まぐろの青唐辛正油
筍とわかめの煮物
鯛の昆布蒸し
あさりと菜の花の酒蒸し
大根と牛肉の煮物

f0376195_22511882.jpg

主人に一品、
bishukakoさんがよく召し上がっている、まぐろの青唐辛正油和え
一度、真似て作ってみたかったのです。
予想した通り、主人のお酒の良いアテになりました。
おくらを使い、ネバネバさせてみました。
みょうが、かいわれ大根、三つ葉、ネギ、
にんにく醤油とだし醤油を半々にしてかけてみました。

f0376195_22511859.jpg

鯛の昆布蒸し
鯛は塩をふり、しばらくおく。
フライパンに昆布を敷き、鯛をのせて酒をふる。
バターを置き、ふたをする、中火で煮立ってから4〜5分蒸す。春菊を加え1分ほど蒸す。
美味しく蒸し上がりました。
ポン酢醤油と大根おろしでいただきます。

f0376195_22511903.jpg

あさりと菜の花の酒蒸し
とても美味しい ふっくらしたあさりで、春を感じました。

f0376195_22512056.jpg

知人から届いた筍、
鶏肉とわかめで煮ていただきました。
筍は、家族皆の大好物、これからの時期が楽しみです。

f0376195_22512008.jpg

大根と牛肉の煮物
牛肉は醤油と胡椒で下味をつけ、にんにく一欠片は軽くつぶし、煮る。

f0376195_22512172.jpg

主人の友は、 宮崎 芋焼酎 ないな
芋の芳醇さと まろやかさが感じられる

f0376195_22512223.jpg

20代の娘は、献立としては一品オイリーなものが欲しかったかな。
ダイエット中なので、嬉しいよ、とのことですが、
明日は少しボリュームのあるものにしましょう。。

f0376195_22512353.jpg

フルーツをいただきながら、ビデオ鑑賞を楽しみました。

f0376195_08002219.jpg

我が家の庭にも 可憐な花が あちらこちらに咲き始め、鳥達が水を求めてやって来ます。
春の訪れを感じます。

今日もお立ち寄り下さり、ありがとうございました。
肌寒さを感じる頃、
皆さま、お風邪など召されませんよう。








# by mary_snowflake | 2017-03-24 08:00 | おうちご飯 | Comments(4)