沖縄風夕ご飯

毎月中旬から少し忙しくなる私の仕事、あまり遠出はできなくなりますが、その分、家で 細々したことをしたくなります。
昨日は、仕事の合間に 衣類の整理をしたり 食器棚を片付けたり…、一段落してから 夕ご飯の準備をしました。
沖縄風の夕ご飯にしてみようと、ブロガーさんの記事を拝見しながら 作ってみました。

f0376195_01271778.jpg

夢の共演 ゴーヤ、豆腐、フーの ちゃんぷるー
那覇栄町風まぐろ青唐辛子和え
人参しりしり
沖縄風味噌汁

f0376195_01271859.jpg

いか刺身 生姜添え

お疲れ様です〜、こちらを先に召し上がっていて下さい〜。

f0376195_01271826.jpg

那覇栄町風まぐろ青唐辛子和え
まぐろは、ひと煮立ちさせた醤油、酒、味醂を冷ませて15分ほど漬ける。
青唐辛子、ねぎ、にんにく、生姜少々で和え、貝われ大根、茗荷を添える。
主人が喜ぶ ひと品です。
ピリッとして たれが絡み さっぱりと美味しい〜!

f0376195_01271919.jpg

夢の共演 ゴーヤ、豆腐、フー(麩)の ちゃんぷるー
スパム、もやし、キャベツ、人参
沖縄料理屋さんに伺うと、どれかを選ぶことになり、どれも食べたい!を叶えました。こんなの、あり?
とても美味しくいただきました〜。

ちゃんぷるーは、
ゴーヤは塩で揉み、水につけ 苦味を和らげる。
豆腐はしっかり水切りして オリーブオイルで焼き 焦げ目を軽くつける。
麩は水で戻しておく。
ごま油で炒め、酒、醤油、オイスターソースなどで味付けしました。

コーレーグス
島とうがらしを泡盛で漬け込んだ調味料
味噌汁に少しだけかけていただきました。

f0376195_01272077.jpg

人参しりしり
ツナ缶一缶、その油で、人参、水切りした豆腐少々を炒め、最後に卵を加え炒める。
醤油と 少し味醂を入れました。
わっ!美味しい。 満足です。

主人の友は、琉球泡盛 久遠
モンドセレクション最高金賞7年連続受賞
十五世紀のシャム(タイ国)から伝えられた蒸留酒の一種、タイ産米が使われています。

f0376195_01272034.jpg

沖縄風具沢山味噌汁
豚肉、キャベツ、もやし、豆腐、人参、玉ねぎ
最後に卵を落とし半熟にして 盛る。

さんぴん茶

f0376195_01272103.jpg

沖縄では、これだけで おかずになる程に 具沢山の沖縄風味噌汁、
沖縄料理は、野菜がたくさん摂れ、ヘルシーです。

f0376195_01272253.jpg

人参しりしりを作るなら、これを使いなさい、と沖縄料理屋さんに 教えていただきました。
包丁で千切りにするものと違う 柔らかな食感になり、こちらも良いと思いました。
新潟でつくられ、沖縄の方が一番使うという「やさいしりしり」だと説明を受けました。
朴の木でつくられたこちら、風情があります。人参しりしりには、こちらを使わせていただきます。

f0376195_01272370.jpg

子ども達は、沖縄の海で マリンスポーツに親しみ、三振の音を聞き、沖縄料理を楽しんだ夏が、何度となくありました。いつかまた、沖縄を旅したいです。

今日もお立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、良い週末をお過ごしください。














# by mary_snowflake | 2017-05-20 08:00 | おうちご飯 | Comments(14)

海老フライ

あちらこちらで、美味しそうな海老フライを拝見し、ずっと食べたいなと思っていました。
そんな訳で、昨晩は 海老フライを予定し、仕事を終えた後 料理に取りかかりました。

f0376195_00004899.jpg

海老フライ
主人と娘は、タルタルソースで。
私は、ソースでいただきました。
ぷりぷりとした海老フライ、満足です。

f0376195_00004999.jpg

鮎 唐揚げ
美味しい〜〜!
午後、日頃からお世話になっている方が 来訪され、解禁したばかりの長良川の鮎を届けて下さいました。
岐阜の方に行ってきたと言います。
少しだけど…ということですが、わざわざ、ありがとうございます。おばあちゃんにも差し入れし、皆で有り難くいただきました。

f0376195_00005005.jpg

ほうれん草のポタージュ
とても美味しく出来上がり、満足しました。
ふるさと納税でいただいた 泉佐野市の新鮮なほうれん草を使いました。

f0376195_00005063.jpg

野菜サラダ
ブロッコリー、フリルレタス、アスパラ、トマト

f0376195_00005129.jpg

筍とアスパラ炒め

f0376195_00005289.jpg

海老フライ
鮎の唐揚げ
ほうれん草のポタージュ
筍とアスパラ炒め
野菜サラダ

主人の友は、ブルゴーニュの白ワイン
メゾン・ジョセフ・ドルーアン

f0376195_00005255.jpg

スープ作りには、バイタミックスを使用しています。
滑らかな出来上がりに満足します。

*美味しくできましたので、覚え書きとして記します。(目安として)
ほうれん草4束、玉ねぎ半個、じゃがいも1個
ほうれん草は 3分程 鍋で蒸し、玉ねぎじゃがいもとともにオリーブオイルで炒め、塩胡椒。
野菜ブイヨン200mlを加え7〜8分、柔らかくなるまで煮る。なめらかに撹拌する。(バイタミックス使用)
鍋に戻し、無調整豆乳(牛乳でも良いと思います)150mlを加え、塩胡椒で味を整える。
生クリーム50mlを加え、温める。

f0376195_07524646.jpg

山法師
我が家のシンボルツリーです。ずっと、家族を見守ってくれています。

名古屋では、ハレの日に、また家族や人が集う日に、海老フライを食べることが多くあったようです。
今もなお、そのようだと聞くことがあります。
主人と新婚旅行から帰国した際、義母は、お手製の海老フライで もてなしてくれました。
有名な食堂まで あるように、海老フライは、名古屋では 馴染みの深い食べ物です。

今日もお立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、幸せ多い日でありますよう。







# by mary_snowflake | 2017-05-19 07:52 | おうちご飯 | Comments(22)

昨日は、娘と一緒に買い物に出かけました。
そこで、京都物産展が開催されており、引き寄せられ覗いてみました。
今は、ネット販売など手軽な方法で お買い物ができますし、ショップなどで常時手に入れられるものもありますが、物産展で 現地から出向いた方々と 取り交すほんの短い会話も楽しいものです。
老舗の方の卵焼きの焼き方をじっーと見ていると、時々目が合い、スミマセン…と思いながら、また見入ってしまいます。
プロの方の手さばきは、やはりお手本になります。
昨日は、物産展の最終日、多くの方々が 目的のものの前に列び、大変な混雑です。
そんな中で、手に入れてきたものをテーブルに並べ、讃岐うどんとともに いただきます。

f0376195_18240324.jpg

讃岐うどん
田中鶏卵 京だし巻き

f0376195_13081772.jpg

細野名物 とり松 ばらずし
いづう 鯖寿司
いなり寿司
たん熊 サラダ、お惣菜

実は、うちの主人、このような美味しいお惣菜やお弁当などでいただく食事も好きです。
これは、ひとり暮らしが長く、こんな食卓スタイルに若い頃から馴染みがあったということ、
また、私に お世辞を言うこともなく食事ができるということもあるかもしれません、笑。

f0376195_15433606.jpg

讃岐うどんは ネギと蒲鉾だけの シンプルなものが好きです。

先日、主人が うどん県に 出張で出かけた時、楽しみにしていた讃岐うどんを食べる機会がなかったと、かなり がっかりして帰宅しました。
自由時間こそあれば、自力で行けるが そんな時間もなかったと…。

しかし、美味しいオリーブ牛を堪能してきたのではないですか?
主人は、お腹の中に入ったものは忘れ、食べられなかった讃岐うどんと 瀬戸内の鮮魚のことばかり 残念に思っているようです。
お土産として持ち帰った 讃岐うどんを どんぶりいっぱいにして出したら、大喜び。
「うまい、うまい!」
だから、うどん県の方々が 朝からうどんをいただくという話もうなずけるぞ、と汗を流し流し ズルズル〜と食べておりました。
讃岐うどんの麺は、つやがあり、もちもちとして、こしがあります。

f0376195_15433616.jpg

京都 祇園 原了郭 の黒七味
京都に行くと、必ず買って帰ります。

f0376195_18085437.jpg

京菓子 笹屋昌園
本わらび餅「至高」
国産最高級の本蕨粉のみを贅沢に使用した蕨餅、とろける口当たりで、最高〜、
長い列にならんだかいあり!

f0376195_15433798.jpg

讃岐うどんのために うまれた新品種小麦[さぬきの夢]を100%使用したもの。
讃岐うどんの出し汁は、いりこ、昆布、鰹節が多いと聞きます。

夕食には、ほとんど、ご飯や麺類を食べない我が家ですが、本当は炭水化物が大好きです。
昨晩は、久しぶりに 美味しい讃岐うどんと 京の味を楽しんだ夜でした。

眞子さま、ご婚約おめでとうございます。
久しぶりに晴れやかなニュースが 全国に駆け巡りました。
幸せな気分になり、思わず、拍手いたしました。

今日も、お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、穏やかな夜でありますよう。





# by mary_snowflake | 2017-05-17 18:21 | おうちご飯 | Comments(16)

家の香り

我が家では、玄関と、和室、寝室、パウダールームで 香りを楽しんでいます。
リビングは、愛犬がいますので 無香料です。
以前、天然由来成分のものでも体調に変化を来たしました。うちの子、とてもデリケートです。
キッチンとダイニングにも、食材と食事を楽しむため、香りはあまり使いません。
朝食後 時々、アロマをつけるのみです。

寝室は、体調によって 心落ち着く効果のあるアロマを選び、その日の就寝前に ほのかに香る程度に香りづけしておきます。

f0376195_19265078.jpg

和室と玄関には、季節の草花の香り、そして 白檀のお香です。
今の季節は、藤の花や 爽やかな木の香りのするものです。玄関は、かすかに香る程度にしておきます。

f0376195_18432130.jpg

長年使っていた、お気に入りの 備前焼風の香爐を割ってしまいました。
これは、先日、我が家に来た九谷焼の香爐です。

f0376195_18432242.jpg

季節問わず、やはり 沈香が一番落ち着きます。

私は、お香とアロマについて 、詳しく勉強をした訳ではなく、自分と家族が安らぎ、そして 訪れたお客様が心地良いと感じて下さったら 良いなと思っています。
我が家での ささやかな楽しみです。
アロマの話は また、聞いて下さいませ。

今日も お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、お休みなさい。




# by mary_snowflake | 2017-05-16 20:20 | 日々の暮らし | Comments(8)

土佐流に大皿で

今日は、母の日、離れに住むおばあちゃん(義母)を呼んで、出張を終え帰宅した主人、旅行から無事に帰宅した娘とともに 夕食を楽しみました。
土佐の大皿での祝宴を思い浮かべ、取り分けるスタイルで盛り付けてみました。

f0376195_22000739.jpg

鰹のたたき
塩と たれ、薬味も たくさん準備しました。
好みでどうぞ〜。

おばあちゃんは、以前はお出かけや外食が大好きでしたが、高齢になるにつれ、我が家でリラックスしての食事が良いようです。
どうぞ、ゆっくり召し上がってください。

f0376195_22000729.jpg

南瓜の蟹あんかけ
煮た南瓜の上に、蟹のあんかけ(だし汁、薄口醤油、砂糖、生姜汁少々、水溶き片栗粉)をかけました。

煮豚
片栗粉をつけた豚肉をフライパンで焼き、生姜と葱とともに茹でる、
その茹で汁500mlと、つぶしたにんにく2かけ、醤油150ml、砂糖大さじ4くらい、酒100ml、三ツ矢サイダー500mlを沸かし、弱火で2時間ほどコトコト煮る。
前日から作って味を染み込ませておきました。
とても美味しく、柔らかく仕上がりました。

f0376195_22000824.jpg

たまご豆腐 枝豆添え
溶きほぐした卵と味付けしただし汁を混ぜ合わせ、器に移し、蒸し器で弱火で15分くらい蒸す。
冷蔵庫で冷やす。枝豆をのせ、かけ汁(だし汁、醤油、みりん)をかけていただきます。

主人の友は、土佐の酒 司牡丹 船中八策

f0376195_22000947.jpg

茄子の煮浸し
お吸い物 豆腐とこごみ
ご飯

f0376195_22000916.jpg

鰹のたたきには、良い藁、力強い炎、そして何より新鮮な鰹が要ると思います。
土佐で、大きな炎の実演の前で いただく鰹のたたきは まさに未知との遭遇です。

f0376195_23005050.jpg

本場でいただくものには、無論 かないませんが、保存と解凍方法を守れば、ほぼ満足します。

[沖ノ島水産]塩、たれ付き、ひとつひとつ手焼き、
真空パックを開封すると、藁の香りが広がります。
鰹に旨味があり 美味。コスパ良い。
我が家一押し

[明神水産] たれ付き、
鰹は とろっとしていて美味。高知最大手。 ひろめ市場や道の駅などで実演販売。

以前は、実母自作の鰹の藁焼きと、母自慢のやや甘口のたれで楽しみましたが、近年は 実母も、美味しく焼ける藁焼きの条件が揃い難くなったことから 自作の藁焼きは断念しておりました。
(今思うと、歳を重ねて身体が思うようにならないことからの 母なりの言い訳だったのかもしれませんが。)
私も、他の様々なお料理方法で、鰹を 美味しくいただいていますが、時には 藁の香りと 絶妙な焼け具合の 鰹のたたきが恋しくなり、直送冷凍品を 取り寄せています。

f0376195_23005134.jpg


f0376195_07452274.jpg


f0376195_22001137.jpg

娘、ありがとう〜♪♪

f0376195_22001120.jpg


お母さん、生きている時に 親孝行らしいことができなくて、ごめんなさい。
一年前の母の日、どんな洋服を着て、どんな食事をしていたのでしょう。
今年の母の日は、貴女の故郷 土佐を尊び、貴女の好物をいただきました。

一連の鰹のたたきのことでは、亡き母を偲び、一主婦としての私の思いを記したまででございます。
どうぞ ご寛容の程、お願いします。
鰹に食べるルールはなく、それぞれのご家庭のお味が一番美味しいのだと思っています。

今日も、お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、幸せ多い日でありますよう。












# by mary_snowflake | 2017-05-14 22:53 | おうちご飯 | Comments(33)