父の鞄の中

昨晩、私は初めて 父の鞄を開けました。
この鞄は、私が誕生日にプレゼントしたものです。
軽くて 肩にかけられて あまり大きくないものです。
父の鞄を開けた理由は、昨晩 父が一時意識を失い、救急救命士さんに 指示されたものを預けるためでした。

f0376195_19445526.jpg

昨日は、父とともに家族皆で 外にお食事をしに出かけました。
父のドリンクは 生小、お料理を 美味しい美味しいと食し、終始 上機嫌、そんな父を囲み、主人も私も皆、嬉しい時間でした。
そろそろ席を立とうとした頃、父を見ると 開いた目の焦点があってないような、あれ?もう一度 父を見ました。
父は、そのまま 隣の娘の方向に ゆっくりと倒れていきました。

主人が すぐに父の側に行き、お父さん!お父さん!と大きな声で呼びかけながら 頬っぺたを 何度もはたき、救急車!と声をあげました。
娘は、お店の方のほうに走って行きました。
周りの席の方々数人が 携帯を持ち、一斉に119
私も無我夢中で 携帯を取り出し 119
後で、私以外に 4名の方が119で連絡をして下さったことが わかりました。

お客様の中に おひとり 救急救命士さんがおられ、その方が 主人と 父の側にいて下さり、私達に 父の病歴や こんなことは初めてかなどを問い、おくすり手帳が鞄に入っているなら準備しておくことなど数点の指示をくださいました。

救急車が到着する頃には 父の意識は戻っていましたが、まだ朦朧としたままでした。
救急救命士さんから、住所、名前、かかりつけ医など 父に関することを何点か問われ、おくすり手帳、保険証を預けました。
この時点で 命に別状はなさそうだなと感じましたが、父が高齢であることから 心配でなりませんでした。
娘がお会計を済ませ、ご迷惑をおかけしたことを詫び、お世話になったことを深くご挨拶をしましたが、動転していましたので 何をどう申したのか憶えていません。大丈夫ですよ、また来て下さいねとおっしゃっていただいたように思います。
周りの方々にも、娘と一つずつお席をまわって ご挨拶をしましたが、
皆さま それぞれに、こちらは大丈夫ですよ、お大事に と優しく見舞って下さいました。

救急車には、父に付き添い主人が同乗してくれました。
私と娘は、自家用車で搬送先の病院まで向かいました。

夜の病院の待合室は、薄暗く 冷たく感じました。
長い時間だったのか、短かったのか。
待っている間、父は どうして倒れてしまったのか、何が悪かったのだろうか、三人で 思い返していました。

娘の家だとしても、慣れない環境で 多少の気を使いながら寝起きする、高齢の父には 負担だったのではないのかな。
連れ回し過ぎちゃったかな。
昨晩は お風呂に入って出かけ、その後、ビールを飲み、いつも以上の食事量…。注意不足だったな。
後ほど受けた診断では、検査は異常なく原因は特定できないということでした。

すっかり平常に戻った父は、おくすり手帳に入れてあった個人的なメモをそのまま先生に渡したのか!?と そればかり気にしています。
お父さん、おくすり手帳に個人的なメモは入れないでくださいよ。取り出すヒマなどありませんからね。

初めて開けてみた父の鞄の中。
[緊急時]と書いてあるポーチに、おくすり手帳、保険証、緊急連絡先のリストが大きな字で 事細かく書いてあるメモが入ってありました。
そのメモの筆頭に書いてあったのは、実娘の私の名前ではなく 私の主人の名前でした。
キャッシュカードの暗証番号は、孫娘の名前が入った数字、救急外来で 娘と声を抑えて笑いました。
鞄を開けると 救急救命士さんが必要なものは すべて揃っていました。
几帳面な父らしく、お財布のお札は すべて新札で 向きも同じく揃えられていました。
そして 小さな母の写真が入ってありました。

そういうことで、父が帰る日が少し延びました。
今日も 父は毒舌を吐き、自己タイフーンを発揮しています。

昨日投稿した昼食の記事は、夕方までに編集したものを 病院から帰宅後に投稿したものでした。

昨日、お店にいらっしゃった方々、本当にお世話になりました。届かない思いかもしれませんが、この場をお借りし、お礼申し上げます。

今日は父に一日ついておりました。
お店の方々、明日ご挨拶に参らせていただきます。
本当にお世話になりました。

皆さま、最後までお読み下さいまして ありがとうございました。
皆さまにとりまして、お元気で 素敵な明日でありますよう。













# by mary_snowflake | 2017-06-29 22:05 | 日々の暮らし

生姜ご飯

父の滞在中は、朝食にパンが多くなります。私が幼い頃の実家は ずっと和朝食だったのですが、近頃の父は、朝食にパンの方が お腹に軽く感じるようです。そんなことから、昼食は ご飯を準備します。

f0376195_17355113.jpg

生姜ご飯と きのこの味噌汁、
昨晩の残り物の春雨と野菜の炒め物

生姜ご飯
新生姜と油揚げは 千切り、出し汁、酒 薄口醤油、濃口醤油、みりん、塩で味付けし 炊飯する。

ご飯の上には おだしをとった後の昆布と鰹節を使った[ふりかけ]を添えました。
ごま油で 出し汁をとった後の昆布(千切り)と鰹を炒める。醤油、みりん、砂糖で炒り煮、胡麻をふる。

f0376195_17355177.jpg

父は、せっかくの生姜ご飯を なぜお皿に盛り付けたのかと私に言います。
お父さんが 目にも楽しめるかな〜と思い 盛りつけてみましたよ〜。
お茶碗の方が 手に持ち 顔に近づけられるので、より新生姜の香りを楽しめるのではないかな〜と父のカワイクナイ意見。

香りね〜、
それは そうともいえるのかな〜、
まずは 意見に耳を傾けることからしてみましょう。
そんな父との会話も 楽しんでいます。

今日も、お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、どうぞ ごゆっくりお休みになられまして 元気な明日をお迎え下さいますよう。








# by mary_snowflake | 2017-06-28 22:26 | おうちご飯 | Comments(20)

友人

今日は、友人と習い事へ行ってきました。
この友人との出会いは、我が家を新築し家具も徐々に揃いはじめた頃だったと記憶しています。
金沢出身の彼女は、その歴史に裏付けられた感性と 高い人間性を持ち、未熟で無知な私に大いに影響を与えてくれました。
彼女から教えられることは多く、時間を共有する一日は、私にとってきらめくように刺激的な日となっています。

f0376195_23455023.jpg

今晩のメニュー
鱈とあさり、野菜の蒸しもの
春雨と野菜の炒めもの
こんにゃくの味噌煮
小松菜のお浸し、静岡県産トマト、
さんまの押し寿司

f0376195_23455172.jpg

耐熱調理フィルムに、塩麹に少し漬けた鱈の切り身、あさり、舞茸 しめじ えのき、玉ねぎ、人参をのせて、白ワイン(酒)、薄口醤油、オリーブオイルを少量かけ、フィルムで包み 結ぶ。20分くらい蒸し器で蒸す。
魚貝の良いだしがでたお汁は とても美味しく スプーンですくって飲み干しました。
後で添えようと 緑色のエンドウを茹でていましたが うっかり忘れてしまいました。ザンネン!

f0376195_23455283.jpg

今日は、一日一緒だった 友人の話題でいっぱいになりました。今頃、彼女、くしゃみしてるかな。

f0376195_23455314.jpg

佐藤錦
甘い甘いさくらんぼ、美味しい〜。

f0376195_23455336.jpg

九谷焼を教えてくれたのも、この友人です。
向こうに見える骨董の花器も、彼女おすすめの骨董商で手に入れました。

f0376195_23455469.jpg

シノワズリーが好きになったのも、彼女の影響です。
私の求める器は、シノワズリーな名がついているものが多くあります。

信頼でき、共に高め合い 一緒に楽しめる友人は、ひとりひとり、かけがえのない存在です。
心の栄養と 良い刺激を与えてくれます。
日々、感謝を忘れずにいたいと思います。

今日も、お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さまにとりまして、素敵な明日でありますよう。














# by mary_snowflake | 2017-06-27 23:45 | 日々の暮らし | Comments(6)

神宮参り

今日、長野を中心とした大きな地震がありましたが、皆さま大丈夫でしたでしょうか。
これ以上 大きなことがないように祈っております。

今日は、神宮、通称 お伊勢さんにお参りいたしました。
あいにくの雨でしたが、父のたっての希望でしたので、家族で元気良く出かけました。
10時前には、神宮近くの駐車場に車をとめることができました。

f0376195_18430472.jpg

神々しく緑多い神宮は、心が澄みわたるようです。

f0376195_17271195.jpg

日頃、平和に暮らしていることのお礼に参りました。
参拝の後は、美味しい楽しみが 待っています。


f0376195_17271259.jpg

まずは、おはらい町の 伊勢うどん
今日は、あいにくのお天気のせいか、人出はいつもに比べ 少ないようでした。

f0376195_17271323.jpg

伊勢うどん
極太の柔らかく茹でた麺に、黒く濃厚なたれ
たれには、たまり醤油が使われていて 甘味と旨味を感じます。
私と家族は、卵を入れないで食べるのが好みです。
美味しくてたまりません〜。

f0376195_17271487.jpg

貝新
創業三百余年の桑名のしぐれ屋さん

f0376195_17271408.jpg

活はまぐり焼き
こちらで、ちょっと ひと休み。
身がぷりぷり、ダシがよく出て美味しくいただきました。主人は、お酒を飲みたそうでした。

f0376195_17271514.jpg

赤福 本店 おかげ横丁

f0376195_17271678.jpg

300年前にタイムスリップしたような店内。

f0376195_18430566.jpg


f0376195_17271684.jpg

赤福餅
お座敷に腰掛け、五十鈴川にかかる橋を眺めながら、いただきます。
おかげ横丁の本店でいただく 赤福餅は 柔らかく格別に美味しいです。シアワセ〜♪

f0376195_18430693.jpg

雨が降り、傘をさしての参拝でしたが、
参拝の後は、不思議と 身体の力が抜けていくように軽くなりました。

父の傍らで ずっと手を添え 一緒に歩みを進めてくれた主人と、何かとお世話をしてくれたお笑い担当の娘に感謝しながら 帰路につきました。

今日も、お立ち寄り下さり ありがとうございます。
皆さま、幸せ多い日でありますよう。










# by mary_snowflake | 2017-06-25 21:35 | 日々の暮らし | Comments(22)

家族への準備

今日は、かねてよりの約束の日、ずっと年下の彼とのデート、笑。
気分が沈む日は、あえて 心が明るくなる服装で お出かけ。せっかくなので、明るく楽しんできました。

f0376195_23082060.jpg

こんな日は、エミリオプッチのワンピース。
華やかなのに 不思議な品があり、ときめきます。

f0376195_23082186.jpg

いつもの雰囲気とは違う、こんなプッチ柄も 実は好きなのです。

f0376195_23082188.jpg

家族には、昼食を準備して。
豚の焼きしゃぶ 葱味噌和え
もずくスープ
「Tasty Table」の食材とレシピを使って作りました。

f0376195_23082228.jpg

「Tasty Table」
有名レストランのシェフ監修のレシピと、食材が 届けられます。
マンネリ化する自分の料理、時に刺激を受けたい…。
お料理教室にもう少し真面目に通いたいですが、現実的に難しいこともあり、家庭で出来ることをやってみようと 少し前から依頼し、主に土曜日の昼食にcooking〜♪♪

f0376195_23082321.jpg

臨場感、先生から教わる技術やコツなど、お料理教室にはかないませんが、良い刺激を受けています。

f0376195_23082300.jpg

家族にも 好評でした。
葱味噌は、ご飯に添えても 他のお料理にも 合いそうでした。

f0376195_23082430.jpg

気分が沈む日は、時に洋服やアクセサリーの力を借りることがあります。
心おきなく、心地良い時間を楽しみます。
そのためには、心を解放できるよう 自分なりに準備することが基盤です。

今日も お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、幸せ多い明日でありますよう。









# by mary_snowflake | 2017-06-24 23:08 | 日々の暮らし | Comments(10)