我が家には、
メニュー名がない 訳がわからない料理が 多く存在します。
それを 家庭料理と呼べるなら 有難いです。

写真映えはしませんが、
家族に 必ず喜んでもらえる じゃがいもの料理です。


f0376195_22283141.jpg


我が家流
ジャーマンポテト

じゃがいも、人参、白菜は 茹でて 水を切る。
ベーコン、玉ねぎは オリーブオイルで炒める。
マヨネーズ多め、粒マスタードと醤油を加えて
胡椒をふる。
意識して潰しながら取り分けていただく。

シンプルですが、家族が喜ぶ一品です。


f0376195_22262785.jpg


敬愛する方のインスタで 拝見し、真似っこしてみました。

まぐろの短冊に塩麹をまぶし 半日置く。
塩麹を軽く払い、賽の目に切る。
胡瓜、大根、チーズを角切りにして
混ぜ合わせ、セルクルで抜く。

さすがです。
美味しゅうございました〜♪
主人は、白ワインにすすみました。
 

f0376195_22264555.jpg


カリビアンシュリンプ カクテル

エシャロットみじん切り、マヨネーズ、にんにく、ケチャップ、タバスコ、ライム絞り汁
冷蔵庫で冷やしていただきます。


f0376195_00243020.jpg



メインは、煮豚でしたが、
まぐろの塩麹、我が家流ジャーマンポテトなどが
彩りを添えて 
楽しい夕食となりました。


f0376195_22470321.jpg


毎晩、
三人の子ども達を 
最寄駅や塾に 車で迎えに出向いていた時期が 長くありました。
それぞれの子ども達とナイトドライブをした後は、
我が家流の
シンプルで 豪快な料理で
ひととき 談笑し楽しんだ夜が多くありました。

料理は、時に 
その時代の思い出を蘇らせてくれます。


今日もお立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、幸せ多い日でありますよう。









# by mary_snowflake | 2017-11-07 07:25 | おうちご飯 | Comments(32)

心の恋人



心の恋人


f0376195_21020830.jpg


輪島塗
代々 受け継がれた古い木箱の中に入っていました。


f0376195_21025246.jpg



木箱を開け
初めて出会った時、魂を持っていかれました。



f0376195_21063227.jpg


名所が描かれた金蒔絵
その時代に 思いを馳せます。


f0376195_21094398.jpg


蓋をそっと開けてみます。
蓋の裏には、
その名所のことが書かれています。


f0376195_21090947.jpg


その昔、
こうして 風情ある遊びを楽しんでおられたのでしょう。


f0376195_21104058.jpg


幾多の年月を経て、
数々の人々に守られてきました。
その歴史までも愛おしいです。


f0376195_21074343.jpg


私だけのものにしたいのですが、
誰のものでもなく、
我が家族皆のもの


f0376195_21011592.jpg



我が家の宝物として、
日々 楽しみ、
大切に愛で置きましょう。



f0376195_20405264.jpg


今日も お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、幸せ多い明日でありますよう。















# by mary_snowflake | 2017-11-05 21:33 | 好きなもの

キッチンで 夕ご飯




昨日は、
お天気も良く
朝から 窓ガラスを拭き、水まわりの掃除をしました。
毎日 お掃除をしているつもりですが、
日頃 手がまわらない箇所など
集中してきれいにすることができ 満足しました。


f0376195_21250864.jpg


夕方から、
気持ち良くなったキッチンに立ち、
お料理しました。


f0376195_21252307.jpg


そのキッチンにあるアイランドで
今夜は、
カジュアルにお食事しましょう。


f0376195_21252060.jpg


カニクリームコロッケ
串カツ(豚肉、玉ねぎ)
鯛のカルパッチョ
我が家定番の野菜サラダ


f0376195_21250651.jpg


鯛のカルパッチョ

ねぎ、大葉、イタリアンバジル、
パルミジャーノ・レジャーノ
塩とオリーブオイルで。


f0376195_21251853.jpg

一仕事終え、食欲も出て、
何でも美味しくいただけます!


f0376195_04510889.jpg


串カツ
豚肉と玉ねぎを串にさして揚げました。
ソースをつけていただきました。


f0376195_08222849.jpg


カニクリームコロッケ
蟹缶を使って作りました。
タルタルソースに つけていただきました。


f0376195_21252714.jpg


キッチンは、
リビングやダイニングとは
また違った居心地の良さを感じます。
時に、
もっとカジュアルに
家族と触れ合うことができる場所です。


今日も お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、幸せ多い日でありますよう。



# by mary_snowflake | 2017-11-04 08:30 | おうちご飯 | Comments(20)

治部煮



先月、訪れた金沢では、
御地の郷土料理
治部煮の美味しさに出会うことができました。

以前より、好きな料理ですが、
やはり 本場でいただく治部煮は格別でした。

十三夜の夕食は、
栗名月、豆名月ともいわれる十三夜にちなみ、
栗を使って 治部煮を作ってみました。


f0376195_22034039.jpg


治部煮
合鴨、栗、蕪、インゲン、飾り麩、
そして、
すだれ麩
ワサビを添えます。

金沢出身の心友に聞くと
すだれ麩はマストだという…、
煮汁も とろみをつけます。
お料理し慣れない食材ですが、
記憶を頼りに 見よう見まねで作ってみます。


f0376195_22034663.jpg


全ての食材に 小麦粉をつけて煮汁で煮る。
とろみのある煮汁に 温かさを感じ、
急に冷えてきた夜の良い一品となりました。


f0376195_22032501.jpg


海老しんじょう
主人の好物で よく椀種に作ります。


f0376195_22033529.jpg


げそと胡瓜の酢の物

お気に入りの輪島塗の小鉢に盛り付け、
金沢を思います。


f0376195_22033049.jpg


さざえのお刺身
縁のみ、湯通ししました。

ハンバーグ
塩麹風味


f0376195_22035125.jpg


宮崎 芋焼酎
金霧島
霧島酒造(株)

赤と黒の霧島は よく見かけますが、
知人から、珍しい金霧島を頂戴しました。

すっきりとした口当たり、しかも深みのある味わい。
口に含んだ時、只者ではないと感じたそうです。
酒杯がすすみ、
主人は 十三夜を観ながら 上機嫌です。



f0376195_21255280.jpg


すだれ麩
加賀麩司  宮田


f0376195_22034492.jpg


旅を思い出しながら
いただく 加賀の郷土料理、
しばし、
旅の続きを楽しんだ十三夜でした。


f0376195_21423112.jpg


今日も お立ち寄りいただき、ありがとうございました。
皆さま、幸せ多い日でありますよう。





# by mary_snowflake | 2017-11-03 06:00 | おうちご飯 | Comments(22)

十三夜



昨晩は、十三夜でした。

十三夜は、
十五夜の後に巡ってくる十三夜のことです。
十五夜を中秋の名月と呼ぶのに対して、
後の名月、後の月ともいいます。

十五夜は 中国から伝わってきたものに対し、
十三夜は、
日本固有の風習です。


f0376195_21423407.jpg



満月ではない十三夜の月、
この月を楽しむようになった由来は、
諸説ありますが、
未完成なものを美しいとする日本の美学は、
他にも 様々なことから感じとられます。



f0376195_21422918.jpg


満ち欠けの流れをも楽しむという
十三夜、
なんとも風情があります。



f0376195_21422726.jpg



十五夜と十三夜、
どちらか一方の月を見ることを片月見ともいわれます。
それほど、
昔の人は、この頃の月見を楽しみ暮らしていたようです。


f0376195_21422476.jpg


これから満月になる、
その少し前の月を愛でる十三夜、
私も 美しいと思います。


f0376195_21421812.jpg


今日もお立ち寄りいただき、ありがとうございました。
皆さま、幸せ多い日でありますよう。





# by mary_snowflake | 2017-11-02 07:15 | 日々の暮らし