オープンカフェ 了庵

秋晴れの空の下、岐阜県の方にドライブしてきました。ここは、呂久沢の森 オープンカフェ 了庵 (Ryo-an)

f0376195_20423496.jpg

正面口
坂を少し下ります。

f0376195_20423510.jpg

f0376195_20424056.jpg

f0376195_20424359.jpg

f0376195_20424489.jpg

カフェ 玄関

f0376195_22110030.jpg

素敵!

f0376195_22110287.jpg

たくさんのお客様がその雰囲気に溶け込み、歓談されています。
カフェが自然と一体になっています

f0376195_20424773.jpg

テラス席
おひざ掛けが使えます

f0376195_20424823.jpg

テラス席から見た風景
渓流の音…
聴覚でも癒されそう

テラス席なら、2組目です、お店の中の席なら、すぐに案内していただける、という今日は、中の席に!
薄着で来たので、とても寒い
今度は暖かくして来て、テラス席にしましょう

f0376195_20585982.jpg


f0376195_20585999.jpg


f0376195_20424990.jpg

温まります

お茶の後は、もう一つの、南口の方へ歩いてみましょう。

f0376195_20590153.jpg


f0376195_20590285.jpg

マイナスイオンがたっぷり
深呼吸がしたい

f0376195_20590355.jpg

f0376195_20590480.jpg

紅葉の頃には どんなに素敵でしょう

f0376195_20590553.jpg

まさに峡谷の中です

f0376195_20590653.jpg

清らかな空気をいっぱい吸って

f0376195_22110368.jpg


f0376195_21094558.jpg


f0376195_20590767.jpg

全身で森林浴をし、心身ともにリフレッシュしました。

ランチは予約制、カフェは順番制、
この自然、空気、音、森の薫りが何よりのご馳走…。

気温が違います、暖かくして訪れましょう。
散策には、滑りにくい歩きやすいシューズで。


http://www.ryouzan.jp/ryoan/

今日もご訪問いただき、ありがとうございました!
皆さまにとって、幸せ多い一日でありますよう。





by mary_snowflake | 2016-10-31 08:00 | 食べ歩き | Comments(2)

庭の秋

ブログを始めてまだ ほんの2ヶ月ですが、私の中で様々なことが変わってゆきます。

古いスマホでパチリ、パチリ。
お見苦しくてごめんなさい。
ブロガーの方々の美しく素敵な写真に感動しています。
花、草、虫、光、海、空、人々…。
写真がこんなにも優しく癒してくれる、そして勇気を与えてくれる。
自然の持つ無限の力を感じます。

仕事や育児にかまけ、我が家の庭さえ、あまり興味がなかった私ですが、近頃は庭の植物の名前を知りたいと思う、小さな草花にふと目を留める、
植物の生命を感じます。

そして、ブロガーの方々の愛情溢れるお料理の数々、
ご家庭の数だけ愛があり、人生がある…。
多くのことを学んでいます。

もう抱きしめることもできなくなった子ども達と、主人への愛情表現の一つに、夕ご飯を作ります。
素直に感謝を伝えることができない日、主人に お酒のおつまみを工夫して出します。
次回両親に会う日の食卓を思い浮かべながらキッチンに立ちます。

そんなささやかなことに幸せを感じます。

f0376195_00533874.jpg

蕾だった花が、翌日には大きく咲いていた。
f0376195_00445984.jpg


f0376195_23373723.jpg

庭に、芙蓉の花が咲いていたなんて、今年初めて知りました。
なんて可愛らしい。

f0376195_00450049.jpg

ハナミズキがもう紅葉しています。

f0376195_00450147.jpg

トマトもあったんだ!

f0376195_00450274.jpg

シャリンバイ
白い花のあとに実がなるという、
白い花、どんな花だったのだろう、来夏は見てみたいな。

f0376195_00450347.jpg

f0376195_00450436.jpg

秋明菊、健気に優しく咲いています。

今年15年目の我が家の庭、味わい深く育っています。
春には植物たちが一段と息吹きます。
我が家の庭の そんな小さな命も、時々、ご紹介したいと思います。

今日も、ご訪問いただき、ありがとうございます。
おやすみなさい、素敵な夢を!










by mary_snowflake | 2016-10-29 23:45 | 日々の暮らし | Comments(0)

味噌おでん

おでんが続きます。
名古屋飯の一つに、味噌おでん があります。おでん三日目は味噌おでんです。
主人は冬は毎日おでんがあってよいと言いますが、おでんのお守りもなかなか忙しいので、三日限りにします。
味噌おでんのみの写真を撮り忘れました!

f0376195_23103852.jpg


我が家は二日目〜三日目のおでんを味噌おでんにしますので、
邪道だとは思いますが、
前日の具を別にしておき、
新たに味噌入りつゆを作ります。
目分量で作ってしまいますが、だいたい、赤味噌大匙8、砂糖大匙4、酒大匙4、醤油大匙2、みりん大匙2程度を鍋の中で溶き混ぜ、だし汁でのばします。もうすでに具に味がついていますので、今日はだし汁1500cc〜1600ccくらいだったでしょうか。。味をみながら、少しずつだし汁を加えます。
少し煮ます。
味噌おでんと化します!

f0376195_23143007.jpg


ズワイガニ缶と胡瓜
胡麻ソース
美味しいです。

f0376195_23104088.jpg

いただきもの 松茸(岐阜産)
酒少々をふって8〜10分グリルで焼く
醤油か、ポン酢でいただきます。

f0376195_23143059.jpg

お漬け物

f0376195_23104188.jpg


今晩の主人の友は、
f0376195_23104252.jpg

八重垣

名古屋に移り住み、まず驚いたことは、
真っ黒い(赤味噌だから)お味噌汁、真っ黒いうどん、真っ黒いおでん!
赤味噌はお寿司屋さんの赤だし程度の経験だけだったので、衝撃でした。
衝撃とはうらはらに、私は初めていただいた時から、そんな真っ黒い名古屋飯が好きだったと記憶しています。
ひつまぶし、
味噌煮込みうどん、
味噌かつ、
名古屋コーチン、手羽先、
きしめん…。

名古屋に住んで数十年経った今、
実家に名古屋飯を持ち込み、
学生時代の友人に自慢をしてまわり、
故郷の友に本場の味を一度は食べさせたい、
そんな愛すべき名古屋飯なのです。

今日もご訪問いただき、ありがとうございます。
おやすみなさい、素敵な夢を!









by mary_snowflake | 2016-10-28 23:10 | おうちご飯 | Comments(2)

おでん2日目

今日も十月下旬とは思えない程の暖かさだった。仕事をした後、来客があったり、少しばかりクローゼットの整理をしたり…、お買い物には出かけなかった。
我が家は、おでんをすると、三日ほど続けていただくことになる。
皆様のお宅ではどうされてみえるのでしょう。
変わり映えはしませんが、冷蔵庫にあるものを、ちょっとだけ気を使って食卓に出してみます。

f0376195_21371026.jpg

いんげんの胡麻和え、ハムとクリームチーズ、まぐろの山かけ(冷凍まぐろ)

f0376195_21371160.jpg

トマトのサラダ
ドレッシング(オリーブオイル大匙2、酢大匙1、塩小匙3分の1、種入りマスタード小匙1 よく混ぜて乳化させる)
娘はこれでトマトを克服した、少しマリネしてもよいです。
その基本ドレに、今日は 玉ねぎのみじん切り、ニンニクみじん切りを合わせて、上からパセリをふる。

f0376195_22252918.jpg

マイユ 種入りマスタード

f0376195_21371213.jpg

ホワイトアスパラガス

f0376195_21371308.jpg

昨日のおでんの具、餅巾着、結び昆布、げそ天などを追加しただけ。

f0376195_21585703.jpg


歳を重ねるごとに、食材を無駄にすることが殊更出来なくなる。当然のことだが、育児で忙しい頃はそのようにならないことも、しばしばあったように思う。
これからは、さらに、食の恵みに感謝し美味しくいただけるよう工夫できたらいいなと思う。

今日もご訪問いただき、ありがとうございました。
おやすみなさいませ、素敵な夢を!





by mary_snowflake | 2016-10-27 22:30 | おうちご飯 | Comments(0)

おでんと柚子こしょう

急に肌寒くなった昨日、友人から御地の日本酒が届けられました。
もうこれで決まり!明日はおでんだ!と思い、少し下ごしらえをしました。
今朝はまた、少し気温が上がったが、気分はおでんモード〜

f0376195_22440523.jpg

おでん
フィスラーの鍋で煮る。
味が染みて美味しい〜!

主人の好きな厚揚げ、たこ、たけのこ
娘の好きな 卵 、がんも、
私の好きな こんにゃく、大根

f0376195_22440694.jpg

鰯の南蛮漬け
我ながら上出来、おでんの時はさっぱりとした酢の物が欲しい。

f0376195_22440756.jpg

銀杏

f0376195_22440839.jpg

切り干し大根

f0376195_22440913.jpg


今晩の主人の友は、
f0376195_22441041.jpg

しらぎく ひやおろし
友人、ご馳走様!
口当たり良く、それでいて存在感があり、ジューシーでもある
主人はすでに上機嫌。

f0376195_22441102.jpg

おでんには、柚子こしょう をつけていただきます。

まだ現在ほど、簡単に柚子こしょうが手に入らない頃、九州のある農家の方から毎年取り寄せていました。
現在市場で見かけるものより、唐辛子と柚子の果皮がザラザラと残り、蓋を開けると、柚子の新鮮な良い香りがしました。
辛味の強い青い柚子こしょうと、香りの強い赤い柚子こしょう、二つの味を楽しみ、お料理によって使い分けていました。
今では手に入らなくなった、あの農家の自家製柚子こしょうの味、お電話から聞こえた農家のおじ様の声、ずっと憶えています。

今日も、訪問いただき、ありがとうございました。
お休みなさいませ、素敵な夢を!







by mary_snowflake | 2016-10-26 22:35 | おうちご飯 | Comments(0)

成田屋の食卓


f0376195_18082255.jpg

お料理の本は好きなので、話題の本を読んでみました。
そこには、梨園で、歌舞伎役者の團十郎さんを支えられたご生活を語られ、亡き團十郎さんの好物、お子様方に伝えたい成田屋の食卓が描かれていました。
その中で、興味があったのは、はまぐりと豆腐の小鍋、他にも魚料理、色々ありました。
小鍋仕立てというのは、具を二品、多くて三品、高級食材よりも身近な食材の方が合うとのことでした。
今年の冬は、響きも良い、お吸い物の役目にもなる、お腹に優しい、そんな小鍋を時々取り入れたいなと思いました。
そんなことを思った夕食です。

f0376195_21255863.jpg

水菜と揚げの小鍋 ←成田屋の食卓 より
小鍋というより中鍋、笑
スープのだしを丁寧にとることがポイントだそうだ。ポン酢でいただく。

豚の生姜焼き
本まぐろの刺身
もずく酢シークワーサー添え
きんぴらごぼう
高野豆腐 などの常備菜を少しずついただく。

f0376195_21255918.jpg

きゅうりの酢の物←成田屋の食卓 より
きゅうり、わかめ、みょうが、生姜のみじん切り、大葉
すりごまと、すし酢で味付ける。
さっぱりとして甘くもあり、美味しい。

以前、夫婦で歌舞伎をよく観に行きました。
初めて観たのが、名古屋城内に江戸時代の歌舞伎小屋を再現された、故 中村勘三郎の法界坊、舞台が開放されて名古屋城の風景をも一部にした仕掛けと勘三郎の豪快な芝居に心を奪われました。
それから、すぐに、團十郎の 忠臣蔵 を観ました。身体から放つ色気と迫力に更に魅了されていきました。
そして、海老蔵さんの助六、もうとにかく素敵でした。江戸の粋というのでしょうか。

その頃、ホール玄関でご挨拶をされていた希実子夫人、麻央夫人をお見かけしたことがあります。気品ある美しさに目を奪われました。
この本で、成田屋のご家庭が普通の家庭と同じように家族のための愛情溢れる食卓への思いがあり、また、想像をはるかに超えたご苦労が伝わってきました。
しかし、それらを感じさせないようなご夫人方の優雅な風景でした。

ちょっとおしゃれして劇場に出かけ、あの暗闇に身を任せ、現実と舞台の世界の狭間の中で、また歌舞伎を観たいと思いました。

今日も、訪問いただき、ありがとうございました。
皆さまに幸せ多い一日でありますよう。



















by mary_snowflake | 2016-10-26 08:00 | おうちご飯 | Comments(0)

サツキとメイの家

愛知県長久手市にある万博 跡地に造られた、愛・地球博記念公園、モリコロパークに到着後、サツキとメイの家の受付所に直行しました。

f0376195_23123826.jpg

遠くから見えるのが、サツキとメイの家です。

15時からの予約ができ、一安心、
日本庭園の見えるところでお弁当をゆっくりいただきました。

冷んやりとした風に肌寒さを感じる、お抹茶の看板を見つけ入ってみようか…。
f0376195_23123978.jpg


f0376195_23124083.jpg

f0376195_23124152.jpg

f0376195_23124250.jpg

私は幼い頃一時期、茶道を習っていたこともあるのだが、実はお抹茶が苦手、しかし、こちらは何故か飲みやすく、とても美味しいお抹茶でした。栗きんとん、よく歩いたので甘みが嬉しい。

予約時刻の15分前に集合、まず見学する上での説明を受けます。

お家の中では、写真撮影は出来ない、
お庭の外からなら、写真撮影ができるそう。
お家は昭和30年代の再現、携帯電話は無かった時代ですので禁止。
家具、備品には、たくさん触ってよいそう、引き出しや箪笥の中も開けてみてよい。お父さんの洋室だけは立ち入り禁止。


f0376195_17041681.jpg

いよいよ、草壁家に訪問です。

f0376195_17041720.jpg

大勢で、おじゃまします〜

写真は、お庭からのみの撮影で写らないところが多いが、少々覗き見しよう。
f0376195_17041826.jpg

玄関の横には、唯一の洋室があり、そこが考古学者のお父さんのお部屋、
たくさんの本が積み上げてあります。
この時代は、このように玄関脇に洋風の応接間をつくることが流行っていたそう。

f0376195_17041983.jpg

土間の台所で、水道は無く手押しポンプ、立派なかまどがある。
お風呂は薪でお湯をわかす鉄釜、
食器棚の中の食品や食器もリアルです。

f0376195_17042039.jpg

手押しポンプ式の井戸、押してお水を出してみた…、ジャボジャボでてきます〜

f0376195_17282248.jpg

居間です。この写真の右手に、サツキの小さな机、赤いランドセルもある。机の引き出しを開けると、色鉛筆、のり、いろいろ入っている。
押入れを開けると、ブリキの衣装箱やお母さんの鏡などが…。

f0376195_17282394.jpg

箪笥の上に、大きなドロップ缶、
洋服箪笥の中を開けると樟脳の匂い…。

f0376195_23124376.jpg

縁側には、お座布団が並べてあり、こちらで写真を撮っていただくこともできます。

童心にかえり、無邪気に、あちこちの引き出しや扉を開けてみた。
幼い時の私が、友人のお家に遊びに来たよう。

楽しい時間を過ごさていただき、そろそろ失礼いたします。
おじゃましました。
ありがとうございました〜

家に帰ったら、「となりのトトロ」を見たいねと話していましたが、トトロは探しても見つかりませんでした。ビデオの時代だったのでしょう。月日の経つのは早いです。

今日も、訪問いただき、ありがとうございました。
皆様にとって、幸せ多い日でありますように。









by mary_snowflake | 2016-10-25 08:16 | 日々の暮らし | Comments(0)

愛 ・地球博記念公園

2005年に愛知県長久手市で開催された万博「愛・地球博」の跡地に、モリコロパークの愛称で親しまれている記念公園がつくられています。
名古屋から車で30分もかからない場所です。
万博には何度も行ったものの、記念公園になってからは出かけたことがなく、今回初めて遊びに行きました。
「サツキとメイの家 」もありますよ〜。

少し冷んやりとした風が時折吹くだけの、丁度良いお天気の下、出発です!

f0376195_22385360.jpg

万博跡地だけあり、広大です。
園内巡回バスが走っています。

f0376195_22385556.jpg

モリゾーとキッコロ
アイドルでしたね、今も変わらず 健在です。
f0376195_22385632.jpg


f0376195_22385786.jpg


f0376195_22390131.jpg

サツキとメイの家ですよ〜!
童心にかえって感激しました!
入園後、受付所に直行してまず当日予約をしました。時間や人数の制限があるようです、事前予約が安心です。
次回、たっぷり紹介させてください。


f0376195_23135158.jpg


f0376195_23135274.jpg


日本庭園を眺めながら、お弁当をいただきます。

f0376195_22390332.jpg

おにぎり弁当
朝 思い立ち、あり合わせですが、バタバタと詰めてきました。
ご馳走は何もありませんが、
公園ではお弁当が満足します。
今日の主人の友は、エビスビール
出掛ける30分前に冷凍庫に入れ持参、
丁度良い冷え具合かな。

f0376195_23135353.jpg



f0376195_22390485.jpg

所々、紅葉が始まっています。

静かに深まる秋を感じ、森林浴をたっぷりしてきました。
植物の写真を撮ったり、紅葉見物の予定をあれこれ話し合ったり、
楽しい秋の日を過ごしました。

よく歩くので、スニーカーなど歩きやすい靴で行きましょう〜!

今日もご訪問いただき、ありがとうございました。







by mary_snowflake | 2016-10-24 08:32 | 日々の暮らし | Comments(0)

名古屋伊兵衛

加賀料理の料亭 「名古屋浅田」の味を気軽に味わえる「名古屋伊兵衛 」、人気店ですが、たまたま空席があり、久しぶりに訪問しました。

f0376195_00343472.jpg

料亭浅田と同じ暖簾をくぐって、左手が 料亭浅田、右手が、カウンター席とテーブル席の 浅田伊兵衛 があります。

料亭浅田のお座敷は、趣があり、高級なおもてなしが素晴らしく、個室でゆっくり会食できます。
数名で気軽にお食事をする時は伊兵衛テーブル席がよいと思います。
本日は、お気に入りの伊兵衛カウンター席、静かな大人の空間です。

f0376195_00343548.jpg


f0376195_00343667.jpg

ランチでは何度か訪れましたが、夕食にカウンター席は初めてです。
夜の席には、板前さんがカウンターにいらっしゃいます。

f0376195_00343860.jpg

加賀料理満載のコース、
その日の近江町市場からの食材と地元の食材も用いているそうです。
いただいたお料理の中から、数品記載します。
f0376195_00344090.jpg


f0376195_00344144.jpg

焼き八寸
鯛唐蒸し 金時草 梅貝時雨煮 恵比寿 など


f0376195_00344298.jpg

治部煮 合鴨
加賀料理の代表格で、私も好きなお料理です。
つゆはとろみがあり、薬味はわさびです。

f0376195_00533992.jpg

蕎麦
利尻昆布のお出汁と塩の、つけ汁

f0376195_00534064.jpg

美味しい水菓子

今晩の主人の友は、
f0376195_01591951.jpg

f0376195_01592054.jpg

日本酒少しずつ セレクト4品

以前、息子が高校生だった時、料亭 浅田のお座敷で、ママ友たちとの会食をしたことがある。たしか、息子達が部活で大会出場を果たし、お世話をしたママ達のお疲れ様会だったと思う。
お昼の席だったが、高級で洗練されたおもてなしと美味しいお料理に、晴れやかで楽しい気分になった日のことを思い出しました。

主人は、今週仕事がずっと忙しかった様子、少し気分転換になったかな。
これから、もっと忙しい時期を迎えるので、時々息抜きしながら乗り切りましょう。

今日もご訪問いただき、ありがとうございました。




















by mary_snowflake | 2016-10-23 13:25 | 食べ歩き | Comments(0)

愛犬の誕生日

昨日からの大きな地震、その地方にお住まいの皆さま、心よりお見舞い申し上げます。
地震など珍しい地域で、どんなにか
怖い思いをされたことでしょう。
昨日中国地方の友人に連絡しましたら、皆一様に衝撃を受けていました。
一日も早く安心したお暮らしに戻りますよう祈っております。

ーーーーーーーー

パピーの頃から、何かとお騒がせな子、おてんばで骨折したり、年がら年中、風邪ばかりひいていて、ここのところ毎年のように肺炎で入院もする。そんな愛犬が元気に誕生日を迎えられた。
お誕生日おめでとう〜〜!

f0376195_01183617.jpg


いつも帰りを待っていてくれる恋人であり…、
何でも話せる友人であり…、
家を守ってくれる我が家の優良警備役…。

とっても美犬で←親バカ
動物病院でも、美容院でも、ドッグランでも有名←かなり病的な親バカ

f0376195_22501623.jpg

初めまして!

ワタシの好きなものは、
f0376195_01093356.jpg

ミルク
f0376195_01093457.jpg

クッキー

いつもの朝ご飯の時
f0376195_16451179.jpg


ワタシは、
f0376195_16553872.jpg

おとなしくしてるの。

でも、こんな朝ご飯の時
f0376195_14233535.jpg


ワタシは、
f0376195_08083547.jpg

おねだりしちゃお!
パパにちょっとだけ、もらえるの。
ママには叱られちゃうんだけど。

f0376195_22501695.jpg

ワタシはパンが大好きなの。

f0376195_01093736.jpg


いつまでも元気で楽しく暮らそうね。
どうぞ、よろしくお願いします〜!









by mary_snowflake | 2016-10-22 07:15 | 日々の暮らし | Comments(2)