桑名のはまぐり




旧 東海道四十二番目の宿場町として栄えた
桑名、
趣きのある家屋が 建ち並び、
その中に
桑名には 数々のはまぐり料理のお店があります。



f0376195_22541945.jpg


およそ7年ものという、
はまぐり
桑名の地はまぐりです。


ビールの王冠と比べて見せていただきます。
こんなの 初めて見ました。
ものすごい大きさの はまぐりです。


f0376195_22595198.jpg


こちらのはまぐりを使って、
お店の方数名が かかりきりで、
はまぐり鍋を作って下さいます。



f0376195_23264672.jpg


台風の中、
夏前から予定されていた
親族の食事会でした。


f0376195_08192127.jpg


お口取りから。


f0376195_23051173.jpg



お店の方から、
桑名のはまぐりの特長など、
ご説明をうけ、はまぐり鍋に期待を膨らませます。


二年もの以下のはまぐりは、産卵をしていないため、
とれても、海にかえし、はまぐりを守っているそうです。



f0376195_23103187.jpg



はまぐり、しゃぶしゃぶ〜♪
悶絶…、
おだし汁も
これ、素晴らしいお味。
大きさは、口に含めないほどです。


f0376195_23134898.jpg



二度目のはまぐり
だし汁が 少し濃厚になっています。
三度出てきます。



f0376195_23174945.jpg


葛きり


f0376195_23191795.jpg



桑名といえば、
焼きはまぐり
旨みが凝縮されている感じです。


f0376195_23204496.jpg


はまぐりの天ぷら
海苔が巻いてあります。
こちらがまた、絶品です。


f0376195_23241850.jpg


はまぐりのだしがよく浸みています。
豆腐


f0376195_23250338.jpg


はまぐりのだし汁で、
雑炊と きしめん


はまぐりは、
前々から おだしが美味しいと思っていましたが、
桑名の地はまぐりは、 さすが上級のお味と食感、
口に含めないほどの大きさに
圧倒されました。



f0376195_23303758.jpg



昨日は、選挙の投票を済ませ、
親族の食事会のため、
家族で出かけました。

前が見えない程の風雨の中、
慎重に運転し、 桑名へと向かいました。

帰路では、暗い上に
風雨が増し、
スマホの警報が何度も鳴りました。
無事に帰宅し安堵しました。



今日も、お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
台風は、まだ 日本列島を通過中です。
皆さま、お気をつけてお過ごし下さいますよう。







by mary_snowflake | 2017-10-23 08:30 | 食べ歩き

心を添えて


金沢は、薄曇り。
その店は、
宿泊するホテルから程近い場所に
ありました。

店内に入り、着席した場所は、
伝説の寿司職人の方の正面でした。
美しい白木のカウンター席です。
照明のせいか 、その大将に
スポットライトが当たっているように見えました。


f0376195_21231878.jpg


店内は、
包む空気が 尋常でなく、
どこか
穏やかで やさしい空間でした。

カウンターの向こうには、
あるであろう厳しさを
まったく感じさせない、
なんとも言えない この雰囲気は、
なぜか 生まれて初めてかもしれないと思いました。


f0376195_21243008.jpg


大将は、ネタを作っていました。
時折、客のほうを向き、にこやかに 話しかけられます。

「美味しいよ〜」
「どこから来たの?」
「苦手なものはない?」

穏やかな物腰です。


f0376195_21142105.jpg


多くの寿司は、
手渡しです。

手から手へ…。

「心を添えて渡すよ」

「ぼくは、あなたの元気をもらってますよ」


低いお声で 和かに
おっしゃっいます。

なんとも心地良い。
一瞬でできる信頼感。

(ご本人の許可をいただき、お手を撮影しています。)


f0376195_21263364.jpg


「美味しいです。」
思わず出る言葉。

これまで、
どれだけの賛辞を受けられたのでしょう。
しかし、
客の一つ一つの「美味しい」に、
まるで初めて受けたかのように 喜んでいらっしゃいます。

他のお客さまの中には、
「なんだか、涙が出ちゃう。」
「大将の元気をもらえるようです」


f0376195_21155755.jpg


寿司の味は、
私などが評することなど
とうていできません。
とにかく素晴らしい

見惚れるほどに 美しくリズミカルな所作、
その席から
離れられなくなるという感覚は、
私だけではなかったように思います。


f0376195_21223120.jpg


小松 「弥助」
金沢市 本町

東の次郎、西の弥助、
日本一とも言われる寿司職人の方は、
御歳86歳、
今でも 自ら 早朝より市場に出向かれると
いいます。


今日も お立ち寄り下さり、
ありがとうございました。
皆さま、幸せ多い日でありますよう。



< お店の方の許可を得て撮影しています。 私の記事の転用・コピーは 堅くお断りいたします。 >















by mary_snowflake | 2017-10-09 07:12 | 食べ歩き

夜の女子会

私の友人は、お昼間に仕事を持つ女性が多く、久しぶりに集まる会食は、夜のことが多いです。
子どもから 手が離れた今、夜のお出かけを楽しむようになり、それも 嬉しい時間です。
先日も、定期的に集まる仲間から 誘いがあり、出かけてきました。

今回は、仲間の一人に、現在 闘病中の友人がいて、どんな話題が相応しいのだろうと 若干の心配もあり、彼女が元気でいることを願いながらの集まりでした。

f0376195_10360379.jpg

場所は、名古屋でも 好きなお店の中の一つ、
誰方をお連れしても満足していただける安心のお店です。
穏やかで真面目なご亭主さまと、和かな女将さん、
細やかなお心遣いが嬉しく、何より 丁寧なお料理が絶品です。

f0376195_10360410.jpg

すっぽん汁
たとえようのない旨味で これからのお料理に期待が高まります。

f0376195_10360540.jpg

八寸
色々…、
皆、お喋りに夢中です。その間に パチリと一枚だけ。

f0376195_10360522.jpg

雲丹のしんじょう

f0376195_10360615.jpg

お造り
一つ一つに 創作があり 美味。

f0376195_10360710.jpg

鮎焼き、
富山産白魚の唐揚げ、など。

f0376195_10360747.jpg

鰻、
醤油味で さっぱりといただけます。

f0376195_10360880.jpg

牛しゃぶしゃぶ、胡麻だれ

f0376195_10360969.jpg

冷椀
オランダ煮
熱気こもる中、冷たく冷やされた煮物は 美味しいです。

f0376195_10360987.jpg

鮎雑炊

美味しいお料理に満足し、
快適で風情のある空間と お店の方のお心配りで、女性ばかりの賑やかな楽しい宴になりました。

f0376195_10503808.jpg

闘病中の友人には、はじめ、少し緊張感を持っての再会でした。
しかし、励ますはずの私達が、
彼女の笑顔と 優しさと、闘病への意欲を感じ、
逆に 励まされ、勇気をもらいました。

いつしか、はるかに越える強さと優しさを身につけた彼女…、
彼女といると、どうしてこんなにも癒されるのでしょう。
でも、ひとりになると 少し疲れがでちゃうだろうな。。
無理しないでね。
彼女の元気と希望が ずっと続くよう、心で祈りを捧げた夜でした。

今日も、お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
暑さの折、皆さまには どうぞご自愛下さいますよう。







by mary_snowflake | 2017-08-10 10:50 | 食べ歩き

松葉のにしんそば

京都を訪れることを思い立ったのは 前日だったため、私には珍しく食事には期待せず、青もみじを観られたら十分との思いで出かけました。
予約を入れておいたランチも 想像以上のものではなく、その後は 甘味処に思いのまま立ち寄りながら過ごしました。
しかし、帰り際に 思いがけなく美味しいお蕎麦に出会うことができました。

f0376195_20573253.jpg

祇園白川沿いを歩き、たどり着いた先は「松葉」
にしんそば発祥のお店です。

f0376195_20573309.jpg

京都南座の隣に ある「松葉」
一瞬、入るのをためらう程の外観、
動くのかと疑いたくなるようなエレベーターに乗り ゆっくり二階に上がります。
そこには、昭和レトロな むかしの食堂風、窓の外には 四条を行き交う人々を眺められます。

f0376195_20573305.jpg

明治中頃 二代目松野与三吉が かけそばとにしんの棒煮を組み合わせ発案したのが にしんそばの始まり、全国へ広がったそうです。

f0376195_20573429.jpg

そばは 程良くこしがあり、にしんとの相性良く、
つゆは薄味ですが、だしをしっかりとってあり、にしんの旨味に負けないつゆです。
無言の中、つゆまで すべて飲みほしました。

f0376195_20573512.jpg

青もみじを観に行く前には、寺町通り二条にある 一保堂に立ち寄りました。京都に来ると必ず訪れるところです。

f0376195_20573642.jpg

一保堂 店内の喫茶室「嘉木」
お煎茶と和菓子
お茶の淹れ方を説明していただき、自ら淹れるところから楽しみます。不思議と 気持ちが落ち着きます。
三煎目まで 温度や時間を変えることにより 美味しくいただきました。

f0376195_20573687.jpg

青もみじを観た後は、「ぎをん 小森」
先に順番をお待ちの方々がいて、5組目ほどです。

f0376195_20573763.jpg

中に入り、二階に上がります。

f0376195_20573817.jpg

わらびもちパフェ
黒蜜がアクセントになり、美味しいです。

f0376195_20573896.jpg

白川沿いを歩きます。

f0376195_21352570.jpg

パスザバトンの前を通り、少し祇園を散策しました。

f0376195_21352694.jpg

「松葉」
青もみじ観賞と 祇園散策
その後に待っていた 美味しいお蕎麦に満足し、
帰路に着きました。
つかの間でしたが、良い気分転換になりました。

観光の楽しみと 美味しい感覚、
やはり どちらも欲しいと実感しました。

今日もお立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、幸せ多い明日でありますよう。












by mary_snowflake | 2017-06-14 21:35 | 食べ歩き | Comments(8)

銀座でランチ

GWに出かけた東京、目的の一つは、次男と会食をするためでした。
幼い頃から 腕白で、賑やかで 楽しいことが大好きな次男、でも、臆病なところもあり…、末っ子なので 母としては、いつまでも幼い子どものままに思えるのでしょう。時々様子が知りたいです。
聞くと、この日のランチの時間は予定が空いていると言います。予定がつまっている様子もまた、それはそれで安心します。

明るく和やかな雰囲気の中、リラックスして食事ができ、しかも美味しくいただきたい…。
そんなレストランで ほんのひと時、次男とランチです。
待ち合わせのGSIX前、久しぶりに見た次男の顔は、元気そう、少し大人びて見えました。
主人と次男と 三人で ブラブラ歩きながら、目的のレストランに向かいます。
こんな時間も、とても愛おしく、嬉しいです。

f0376195_01350984.jpg

白を基調にしたインテリア
素敵です。
お店の方も、どこか楽しそうで 明るく肩の力が抜けているよう、それでいて、気配りが素晴らしく、十分なホスピタリティです。

こちらのレストランには、メニューがなく、お料理名も特に無いとおっしゃっいます。
口頭で お料理の説明をされます。お聞きすると、更に詳しく教えて下さいます。
そのようなことから、ここでは、食材だけを羅列して書いてみます。ぜひ、想像してご覧下さい。

f0376195_01351077.jpg

アミューズ
毛蟹 お米のゼリー 西洋わさびのムース

f0376195_01351014.jpg

仏産ホワイトアスパラガス こごみの泡 日向夏

f0376195_01351162.jpg

すっぽん クレソン 黒らっきょうのペースト まこもだけ イベリコペジョタの生ハム
すっぽんのスープが絶品です!

f0376195_01351188.jpg

モリーユ茸 サザエ ブロッコリー
サヴァイヨンソース

f0376195_01351238.jpg

鰆 菜の花 うるい グリーンオリーブのソース

f0376195_01351325.jpg

佐島のオマール海老 生姜 アニス ブラッドオレンジ

f0376195_01351316.jpg

京都産鴨のロースト 牛蒡 ブルーベリー
ふきのとう
鴨は、オレンジ、ベリー、トリュフなどを合わせることが多いようですが、この度は、山菜の苦味によって鴨の甘味を引き立てていると おっしゃっていました。
こんなお話をお聞きしながら いただくと、一層 美味しく 楽しいです。

f0376195_01425303.jpg

主人と次男は、お料理に合わせて ワインを選び 楽しんでいました。

f0376195_01351411.jpg

グァバ、パッションフルーツ、ざくろ

f0376195_01351524.jpg

抹茶 あずき リ・オレ
次男のあるお祝いがありました。
上品で素敵なお祝いプレートです。

f0376195_01425368.jpg

小菓子 コーヒー

レストランを出て、ゆっくり歩きます。
気になるお店に立ち寄りながら、銀座の駅まで次男を送りました。
また 来月、次男の住まいを訪れる予定があります。
身体に気をつけて元気でいて下さい。

f0376195_00255163.jpg

ESqUISSE (エスキス)
銀座5丁目 ロイヤルクリスタル銀座9階
モダンフレンチ、
独創的で、素材の持ち味を生かした やさしい味付け。
一流店だからこそ作ることができる上品な気楽さ、スタッフの方々の肩肘張らないご対応と、やさしいインテリア…、
美味しく楽しく過ごしました。
御馳走さまでした!

フレンチをいただく2時間あまり、時に長く 苦痛に感じることがあります。
しかし、このような再会で おたがいの近況報告も交えて食事をしたい時、この2時間が ちょうど良い時間だと感じます。
それは、目にも舌にも飽きさせないお料理はさることながら、お店が持つ雰囲気も ベースにあると思いました。
次男が元気で 日常を頑張っている、そんなことを確認し、穏やかで嬉しい時間が流れました。

今日もお立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、幸せ多い日でありますよう。

















by mary_snowflake | 2017-05-10 07:33 | 食べ歩き | Comments(12)

エッグベネディクト

昨日は、主人の所用を済ませるため、名古屋駅の方に出かけました。
先日、名古屋にオープンした サラベスで、ブランチを楽しみました。
少し列びましたが、何処に行っても 待ち時間がありそうでしたので、こちらにしました。

f0376195_20461432.jpg

サラベス 名古屋店
NY マンハッタン、アッパーウエストにあるサラベスは、グリーンのオーニングがかかっていましたが、こちらは ブルーのイメージです。
「ニューヨークの朝食の女王 」と呼ばれています。

保守的な名古屋ですが、近年では、新しいお店は 新鮮で受け入れられ、人気が出ます。

f0376195_18494334.jpg

全面ガラス張りで、ベージュと白を基調とした素敵な店内です。ゆったりと ソファに腰掛け、期待がひろがります。

日本にサラベスが上陸する前に 訪れたNYのお店は、店内はそれ程広くはなく、隣の席の方と接近している中、食事したように記憶しています。
お洒落で アメリカらしい空間でした。

f0376195_19373963.jpg

エッグベネディクト
イングリッシュマフィンの半分の上に、ハムやベーコン、サーモン、ポーチドエッグ、オランデーズソースをのせています。
今日は、クラシック エッグベネディクト
スモークハムがのせてありました。
ポーチドエッグがトロ〜と落ちてきます。
あまりに美味しくて、夢中でいただきました。

フォーフラワージュース
オレンジ、バナナ、パイナップル、ザクロシロップのミックスジュース、美味で 飲みやすいです。

f0376195_20461515.jpg

シーフードコブサラダ
これ!どうしたの?っていう程に、美味しいサラダでした。優しいお味でした。
蟹の身、海老、ベーコン、紫玉ねぎ、トマト、アボカド、たまご

主人の所用までの時間に、美味しいブランチができました。

f0376195_20461676.jpg

2011年頃、NYマンハッタンのサラベスでいただいた、エッグベネディクトです。
思いもよらないほどの不思議で美味しい味に、大いに感動し、帰国後のお土産話として活躍しました。
休日にブランチを楽しむ文化があるニューヨーク、
私達は 有名なサラベスを目指しエッグベネディクトをいただきましたが、このようなお店が他にも 数多くあると聞きます。

クラシックエッグベネディクト1450円、
たしか、NYでは、20ドルくらいだったような、それに TAXとチップをつけて…、私の記憶が確かなら 日本より高価です。

世界を牽引するニューヨーク、マンハッタン、
そんな大都会に、自動販売機を見かけません。
防犯上、難しいと聞きます。
5番街、セントラルパークなど 街角で、人の手によりジュースや傘が 売られています。
華やかで 刺激的、文化的な街は、ディープな部分も ありますが、また訪れてみたいと思える魅力溢れる街です。

今日も、お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
お仕事に頑張る方もご休日の方も 皆さま、幸せ多い日でありますよう。


















by mary_snowflake | 2017-05-01 08:23 | 食べ歩き | Comments(18)

ベトナム料理屋さん

昨日は、主人の仕事が早く終わり、娘もいつもより早く帰宅してきましたので、ベトナム料理屋さんに出かけました。
雨が降っていましたが、三人で 傘をさして出かけるのも 楽しいものです。

f0376195_23354416.jpg

生春巻き
こちらは、外せない、安心のお味です。
それぞれが、好きなタレ、香辛料をつけていただきます。

f0376195_23354559.jpg

蒸し春巻き
こちら、ふわっとしていて 抜群に美味しいです〜!次回からも 定番のオーダーになりそうです。

f0376195_23354642.jpg

あさりのレモングラス蒸し
レモングラスがたっぷり入って すご〜く良い香り〜!
日本酒で蒸してあるそう、レモングラスを手に入れられたら、こんなふうに 家でもできるかも。。

f0376195_23354727.jpg

真鯛の香味蒸し
ライスペーパー手巻きスタイル
レモングラスと蒸した真鯛を パクチーなどの香草と野菜を巻いて、甘酸っぱいタマリンドの特製タレでいただきます。わぁ〜、新発見〜!美味しいです。

f0376195_23354736.jpg

甘辛スペアリブ パクチーいっぱい
スペアリブは ホロッとするほど柔らかく、パクチーに合う〜。

f0376195_23354823.jpg

定番の牛肉のフォー
もうこちら、たまらないです。
スープも全部飲み干しますよ〜

f0376195_23354975.jpg

海鮮フォー
こちらもまた、海鮮の旨味がでて、美味しい。

f0376195_23354967.jpg

賑やかな街中から 少し離れたところにある、こちらのお店、隠れ家的な雰囲気も うちのお気に入り。

当時、受験生だった 次男と気分転換に この店に訪れたことがあります。
その頃、娘と長男は 一時 家から離れ、学生生活を送っていました。
ひとり家に残った次男との心温まる思い出、
今宵は、それは 口には出さず、母である私だけの宝物として そっと胸にしまっておきましょう。その方が 素敵。
娘と主人、三人の語らいを楽しみました。

今日の お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、幸せ多い日でありますよう。





by mary_snowflake | 2017-04-27 09:07 | 食べ歩き | Comments(14)

春の訪れ

お出かけ前まで、雨が降っていましたが、出発の時には 晴れ間が出ました。
昨日は、ご招待に預かった食事会に行ってきました。

f0376195_23042407.jpg

春の訪れを感じさせる ウェルカムプレート
心地良い おもてなしです。

f0376195_23042506.jpg

前菜
杉の木の良い香りがします。
美味しい食事へのいざないです。
箱が開けられると、宝石のような小鉢が顔を出しました。
お箸でいただけます。
小鉢はどれも、温かいものは 器まで温かく、冷たいものは 器まで冷たくしてあります。

f0376195_23042638.jpg

スープ
フカヒレのエチュベ
穂紫蘇の香るコンソメ・シャンピニオン
菜の花添え

フカヒレは 良い歯応えに仕上がっています。
味は、濃厚(名古屋に合わせて…?)

f0376195_23042668.jpg

和牛フィレ肉のポワレ
鹿児島産黒毛和牛
ソース・カフェ・ド・パリ
タルべ産白いんげん豆と春キャベツのラグー

オーブンでじっくり焼き上げた一品です。
柔らかく、歯応えもあり、肉の旨味が感じられました。
家で、このようにステーキを仕上げてみたいのですが、未だ出来ていません。
ソースは、しっかりとした味付けでした。

f0376195_00393250.jpg


f0376195_00393303.jpg


f0376195_00393313.jpg

オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ
名古屋市 ミッドランドスクエア 42階

華やいだ雰囲気に包まれ、美味しいお食事をいただき、
気がつくと もう 夜でした。
このような場によばれ、厚い おもてなしを受け、一時 おとぎの国に来たような気分…。

現実に戻り 我が家に入ると、そこには 温かな家族の声と 薫り、娘チョイスの優しい音楽が流れ、明日からの活力を身につけた私がいました。

今日も、お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、幸せ多い日でありますよう。




by mary_snowflake | 2017-04-16 09:36 | 食べ歩き | Comments(10)

森の響

冷蔵庫がこわれました。
応急的に、主人のお宝が入っている冷蔵庫や クーラーボックスに避難させましたが、残った食品は、修理の時刻まで、なんとか保冷できそうなので、このまま様子みます。
お買い物をすることもできず、修理の時刻まで 車を走らせ、森林浴をかねて お昼ご飯に。

f0376195_15083038.jpg

少し憂鬱な気分が 晴れます。
いえいえ、少しどころか、もう冷蔵庫のことは忘れ、お昼のひと時を楽しみます。

f0376195_15083179.jpg

晴れた今日、爽やかな風を感じます。
深呼吸…。

f0376195_15083127.jpg

緑の色が心地良く、目に優しい。

f0376195_15083251.jpg

自然が誘う。

f0376195_15083361.jpg

玄関には、桜の枝、清らかな水が心地良い。

f0376195_15083326.jpg

店内に入ると、穏やかに聞こえる音楽と、微かなコーヒーの香り。

f0376195_15083466.jpg

窓際の席、緑に ゆったりと包まれるよう。

f0376195_15083544.jpg

こんな静寂の中での ひと時。

f0376195_15083531.jpg

お昼ご飯を楽しんだ後は、
冷蔵庫のもとに帰ります。

f0376195_15083698.jpg

日進市米野木町
森の響

今日も、お立ち寄り下さり、ありがとうございました。
皆さま、素敵な午後の時間をお過ごしくださいますよう。






by mary_snowflake | 2017-04-13 15:08 | 食べ歩き | Comments(16)

お寿司屋さんでの謎

主人は、誕生月に一度は、お寿司屋さんを希望するだろうと まだ伺ったことのない 名古屋で名のあるお寿司屋さんを以前から予約していました。

気温が下がった昨晩、ふたり冬物のコートを着て出かけました。

f0376195_23215596.jpg

もずくと山芋の豆腐 カラスミ添え
なんとも美味しい。

f0376195_23215583.jpg

こちら、何でしょう?
説明を受ける前に、ちょっと見つめてみます…わかりません、何かの付属物ではあると思うのですが…?

ミル貝のヒモの串焼き

f0376195_23215626.jpg

何のお浸しでしょう?

わさびの茎のお浸し
私は、わさび味が辛くて食べられません。

f0376195_23215793.jpg

鰆のたたき

f0376195_23215737.jpg

さより

握りは、まず烏賊、金目鯛と出していただきましたが、写真も撮らずに、いただきました。

f0376195_23215871.jpg

ホタルイカの串焼き

そして、握りが続きますが、また写真が無く…、
はい、ブロガー失格です、笑、新参者です。

f0376195_23215914.jpg

カツオ
カツオの上にのせてあるものが、食べてもわからず、
何でしょう?

色は緑、無味のような…、生姜は カツオの下に入れられていたような…?
よくわからないので、お聞きしました。
そうすると、「秘密です!」
そうですか〜、何でしょう?

f0376195_23220043.jpg

あれ、何でしょう?

f0376195_23220083.jpg

ミル貝です。
ミル貝は、愛知県産が一番だとのこと。
.
.
.
色々と握りをいただき…、またもや写真撮らずにパクパク…。

f0376195_23220166.jpg

甘鯛の唐揚げ 鱗付き
美味しい甘鯛、鱗も柔らかくパリッとしていて良いです。
f0376195_08104428.jpg

雲丹

おつまみと握りの順番が 交じりあってでてくる主人好みのタイプのお寿司屋さんです。

f0376195_08104534.jpg

穴子
いぶりがっこ
べったら漬け

f0376195_08104601.jpg

あおさの味噌汁
名古屋であえて赤だしではないところが新鮮。

大将さんは、職人堅気な雰囲気ですが、お話しすると親しみがわき、とても良い感じの方。
魚が少ないこの時季に、楽しませていただきました。
ありがとうございました。御馳走様でした!

主人は、お寿司屋さんに訪問することが好きで、私も時にお供します。
近場から遠方、旅行先まで伺います。
大将さんに 季節の魚や食材についておたずねしながら、ゆっくり過ごすことが楽しみです。


今日もお立ち寄り下さり、ありがとうございました。
数日寒い日が続いております。皆さま、お風邪など召されませんよう。








by mary_snowflake | 2017-03-09 08:38 | 食べ歩き | Comments(8)